2011年6月中半、管理者の麺ライフです。  *


6月20日(月)

 夜食に、日清食品のインスタントカップ麺「日清ラ王 背脂濃コク醤油」を食べた。

 フタには「日清史上、最高傑作 次世代ノンフライ麺」の文字が。

 その名の通りコクがあり旨みを感じる濃厚醤油スープ。
 ノンフライの麺は生麺のような感じで、インスタントカップ麺の印象を全く覆すような一杯。

 麺、スープともにレベルの高い一杯。



6月19日(日)

 今日の昼食は、高松市にある「民サ麺業」が製造元の「徳島ラーメン」を調理して食べた。

 尖った感じのない飲みやすい濃口醤油のスープ。徳島ラーメンのスープって感じ。

 ただ、麺がちょっと弱いといった印象で、スープとの一体感にちょっと欠けるかなぁ…

 飲みやすいスープだったので、生卵は入れなかった。



6月18日(土)

 朝食は、昨日、岡山県真庭市蒜山で買って帰った「やまな食堂」の「ひるぜん焼そば」(550円)を温めて食べた。

 とてもジューシーで奥行きのある味噌ダレ。辛さはほとんどない。

 モチッとした中太の麺にタレが良く合っている。

 具材は、かしわ(親鳥の肉)とキャベツ。鶏肉はわりと多めに入っている。

 美味しい一杯であるが、朝食にはチト重いかな。



6月17日(金)

 今日は、鳥取県倉吉市方面へ。

 昼食は、同県東伯郡湯梨浜町にある、「道の駅 燕趙園」近くにある「レストラン吉華」で「牛骨ラーメン」(600円)を食べた。

 ゴマを浮かせた、わりとあっさりとした牛骨しょうゆスープ。
 モチッとした縮れ麺とスープとの相性がもう一歩に思えた。
 具材は、牛スジ肉、煮玉子、シナチク、カマボコ、わかめと多彩。

 団体客も利用できるほど大きな座敷がある食事処。


 それから、鳥取に来たので、もう一軒。
 先ほどの「レストラン吉華」と、目と鼻の先にある「くつろぎ処 ゆとろぎ」で「牛骨ラーメン」(550円)を食べた。

 食券制のセルフのお店。ラーメンが出てきたと同時に、牛骨の香ばしい香りが。

 香味油が多めに浮いたスープ。モチッとしたストレート麺とスープがとても良く合っていて美味しい。
 具材に入っていた、牛(?)のチャーシューは、薄味ながらトロットして、とても美味。このチャーシューは一度食べてみてほしい…

 香味油で味を調整している感もあるが、美味しい一杯である。

 隣の建物が中国風呂になっており、こちらがメインで、入浴を終えたお客さんが食事をしに来るような位置づけ(?)


 夜は、岡山県真庭市蒜山へ。

 焼肉屋さんの「いち福」で「ひるぜん焼そば」(680円)を食べた。
 「ひるぜん焼そば公認店マップ」の掲載されている10店舗のうちの1店舗。

 ほんの少しピリ辛の味噌ダレ。
 モチッとした中太麺のほかに、具材としてかしわ(親鶏お肉)とキャベツが入っていて、紅ショウガが添えられている。

 かしわは味噌ダレと合っているように思えたが、麺を食べるにはちょっと物足りなさも。

 基本的に焼肉店。値段は全体的にちょっと高めに思えた。観光地料金(?)



6月16日(木)

 夕食に、岡山県津山市にある潟^ナベが販売元の「蒜山そば」をザルそばにして食べた。

 蒜山産のそば粉の割合が30%の乾麺。

 ツユは長野市にある「鰍ィびなた」が販売元の「そば屋の そばつゆ(ストレートタイプ)」を使用。

 蕎麦の味を感じる麺に、本格的な蕎麦ツユ。なかなか良い組み合わせであったと思う。

 この「そばツユ」いける。人工的な材料もほとんど使われていないし。



6月15日(水)

 今日の昼食は、香川県さぬき市にある許エ礼製麺が製造元の「さぬき本場 手打風うどん」をザルうどんにして食べた。

 塩分を効かせすぎていない麺。
 少し細めでツルリとしているので、とても喉の通りが良い。
 さっぱりとした昼食でした。


 夜食に、日清食品のインスタントカップ麺「頂の一杯・トマトオニオン(ラーメン)」を食べた。

 細かなトマトが、甘みがあり、その甘みがスープに溶け出ていて、美味しい一杯。

 何か、インスタントラーメンを食べたという印象ではないような、とても美味しい一杯でした。



6月14日(火)

 夜食に、岡山県真庭市蒜山にある(福)蒜山慶光園・製麺屋・三座が製造元の「さくらめん」をザルにして食べた。

 ピンク色のきれいな麺。乾麺で細くツルリとしており、とても喉の通りが良い。
 ゆで時間は2〜3分とあったので、2分数秒ぐらいの茹で時間で冷す。明らかに半煮え状態だけど、そのまま…

 麺の量は90gと、夜食にはちょうどいい(?)量。



6月13日(月)

 今日の昼食は、香川県三豊市にある橋村生麺所が製造元の「讃岐名産 無添加生うどん」をザルうどんにして食べた。

 水で締めると、とてもコシのある麺にできあがる。
 うどん自体は塩分は結構多めに感じた。

 夏場らしく、さっぱりとした昼食に。


 間食に、インスタントの袋麺「しょうゆラーメン」を食べた。販売元は、岩手県北上市にある「いわて醤油」である。

 醤油会社の「しょうゆラーメン」。でも、スープは粉末タイプのスープである。
 麺、スープとも特筆するような…あっさりとした一杯。

 メジャーではないが、岡山県や香川県のスーパーでこの「いわて醤油梶vの「醤油」や「調理料」をたまに見かける。
 営業力?それとも…



6月12日(日)

 今日の昼食は、徳島県阿波市にある住友食品が製造元の「徳島 中華そば」を調理して食べた。

 スープはストレートタイプのスープ。
 徳島ラーメン特有のコクのあるドロッとした感じの超濃厚醤油スープ。麺がスープと合っていないような…

 3口ほど食べてから、生卵を投入。スープがまろやかに、ただ、麺を食べても麺にはあまり変化を与えていない…



6月11日(土)

 今日も香川県へ、讃岐うどんを食べに行く。これで、土曜日は4週連続!
 今月19日で瀬戸大橋(早島−坂出)の休日ETC割引で、片道1,000円がなくなってしまう。


 9時ごろに早島のインターから高速に入り、坂出で降りる。途中、「坂出山下うどん」の近く(お店まで150mの看板)を通ると、お店の辺りから、その看板の辺りまで、車がずらりと止まっており、人の長い行列が。
 これも、ETC休日割引が廃止になる前の駆け込み(?)


 さて、本日の讃岐うどん巡り1軒目は、高松市(といっても、多分、高松と坂出の中心部から同距離ぐらい)にあるセルフ店、「てら屋うどん」で「かけうどん」(200円)を食べた。

 魚介系の風味豊かなスープ。コシのある麺がスープと非常に良くマッチしている。
 早くも「讃岐」を感じ。もう満足気味(?)。


 2件目は、1件目から1キロ弱ぐらいのところにある、これまたセルフ店「まんどぐるま」で「かけうどん」(150円)を食べた。

 こちらのスープも魚介系のダシが良く効いている。
 麺は細くてツルリとしているので、喉の通りが良い。

 お店を出たときに、お店の人が、玉うどんをプラスチックのケース4段ほどに入れて車に詰め込んで、車を発進させていたので、卸しもやっているのだろう。

 国道11号線から少し中に入るが、「てら屋」に行った次に行けば、とても分かり易い。


 それから、国道11号をずっと東へ。高松中心部を横切り、さぬき市を越えて、東かがわ市へ。途中、少し寄り道をしたりしたので、2件目から1時間半ほど経っている。

 本日3軒目は一般店の「讃州讃岐屋」で「かけうどん」(330円)を食べた。このお店は2度目の訪問。

 なみなみと注がれたスープにモチッとした味わいのある麺。麺の量は結構、多めである。
 この麺は、温かいうどんよりも、ザルうどんか生醤油うどんで食べた方がいいような…


 4軒目も東かがわ市にある一般店「かま八」で「かけうどん」(300円)を食べた。

 このお店は、パチンコ店の駐車場の一角にあるお店。ということで、駐車場の心配は全く無し。

 旨味のあるスープに麺が良くマッチしている。もう少し麺にコシが感じれれば…


 山道を通って5軒目へ。5軒目も東かがわ市にある一般店「大曲」で「かやくうどん」(350円)を食べた。

 徳島県境にも近い、秘境ともいえそうな場所にある。ただ、アプローチの道はさほど悪くないが…

 よくもこのような場所でというところにある。4軒目から1時間ほど経っている。お店を見逃して、引き返したり…

 13時ごろの到着。先客はなし。これから茹でるので時間がかかるとのこと。裏返せば、茹でたてを食べれると言うとこと。

 旬の筍が2切れ入っていた。瑞々しくて美味しかった。
 茹でたての麺にはコシを感じる、少し細めの麺。スープがちょっと弱いかな。

 ご夫婦で経営されている。食後、サービス・コーヒーをいただいて、ご主人さんとしばし歓談(?)。

 近くにダムがあり、釣り人が割りと来ていたが、5年ほど前の台風により土砂が流入し、それ以来、釣り人が減ったよう。
 「今度は秋に来ればいい…」と言われる。紅葉がキレイなのだろうか。でも、瀬戸大橋の通行料金が高くなると…

 お店を出る頃に、ちょうどお客さんが来店。


 6軒目はさぬき市にあるセルフ店「まなぶ家」で「かけうどん」(180円)を食べた。先ほどのお店から1時間ほど経過している。
 このお店も昨年に続き、2回目の訪問。

 イリコなど魚介系のダシがとてもよく効いた美味しいスープ。でも、残念なことに麺が延びている…


 7軒目は高松市へ戻り、セルフ店である「十川三丁目食堂」で「かけうどん」(170円)を食べた。
 先ほどのお店から、また1時間ほど経過している。「食堂」と名が付くが、うどん専門店である。

 イリコのダシがとてもよく効いたスープ。スープと麺の相性がもう少し良ければ。
 スルリと食べれた一杯でした。


 8軒目も高松市にある「やまと製麺所」で「かけうどん」(200円)を食べた。
 基本的に製麺所であるが、店内はカウンター席が10席ほどあり、店内でも食事ができる。ラーメンもある。

 店主が「時間がかかりますが、茹でたてを食べますか?」と言っていただいたので、お願いする。

 さほど大きくはない生地を麺棒で伸ばしていく。えっ、ここから自分のために作ってくれるの…
 伸ばした後は、機械で均等に切り茹で始める。ここで効かれたのは「男麺」、「女麺」、「やわらかいの」どれにしますかって。
 その違いを尋ねる。
 男麺はごつごつした麺。女麺はモッチリした麺とのこと。「男麺」でお願いする。
 でも、考えてみると、温かいうどんには「女麺」、ザルや生醤油などの冷たい麺には「男麺」が合うような…もう遅い。
 モチッとした麺とかの調整は、加水率でするのかと思っていたが、茹で時間でも調整可能ってことか。

 5人前ぐらいを一度に茹でて、その後、お水で冷す。自分に出してくれた麺以外は、持ち帰りを買いに来た人に。

 甘みと旨味を感じる美味しいスープ。コシのある麺とスープの相性もマズマズ。

 30代中半ぐらいの店主と奥さんで経営されている。職人肌!店内の写真を撮るような雰囲気というか気にはなれず…
 よくメディアへの取材に取り上げられているようである。

 でも、生地を伸ばしてから作ってくれたのは初めての経験。製麺所ならでは!?
 ちょっと外れた時間に訪問したのも良かったみたい。


 今朝からずっとぐずついた天気であったが、このお店を出たときにはお日様が。


 高速ETC1千円は来週までであるが(厳密には来週の月曜日の次の日の日曜日まで)、今週で終わりかな。



    〜麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)〜

*