2011年7月前半、管理者の麺ライフです。  *


2011年7月・前半


7月10日(日)

 今日の昼食は、岡山県瀬戸内市にある、丸正製粉が製造元の「豊饒の恵み うどん」をザルうどんにして食べた。

 ツユはスーパーのPB商品の2分の1濃縮タイプのツユを使用。

 麺は乾麺で、うどんとしてはかなり細い。塩分控えめの麺である。

 袋には「新食感」と書いてあるが、確かにうどんぽくない感じの麺である。ただし、「豊饒の恵み」っていうのはどうも…


 夕食は、冷凍食品。潟Lンレイが製造元の「お水がいらない ちゃんぽん」を食べた。

 ストレートスープの上に、麺と具材が乗っており、鍋の上で徐々に溶かし、温めて完成。

 スープはわりとさっぱりとしたチャンポン風スープ。麺はチャンポンの麺でモチッとした感じはあるが、弾力感に欠けるような…

 一日分の野菜摂取量の3分の1の量が入っているという野菜はキャベツ、もやしが中心で、他に人参、カマボコ、コーンなど。

 野菜の量は思ったより少ない。これで3分の1もあるの?って印象。

 手抜きをしたいときに重宝する品。鍋に入れてから、基本、放ったらかしにしとけばいいので。



7月9日(土)

 今日の昼食は、日清食品チルドが販売元の「トマト涼麺」を調理して食べた。

 トマトと言えば、栄養価の高い食べ物。具材を入れないつけ麺みたいな商品にピッタリかなって…

 タレが如何にもレトルトって感じで、正直、日清食品さんの商品としては、かなりガック…



7月8日(金)

 今日の昼食は、島根県美郷町にある且刹ハ製粉製麺工場が製造元の「出雲そば物語」をザルそばにして食べた。

 ツユは、三重県桑名市にあるヤマモリ叶サ造のストレートタイプのツユを使用。

 小麦粉よりもそば粉の割合が多い商品であるが、蕎麦の味はあまり感じず…

 麺自体はわりとしっかりとした乾麺。最後に蕎麦湯を。美味しい蕎麦湯であった。



7月7日(木)

 今日の昼食は、長野県小諸市にある信州ほしのが製造元の「信州田舎そば 小諸七兵衛」をザルそばにして食べた。

 蕎麦の味わいを感じることのできる麺。袋に「つゆがらみの良い」と書いてあるが、その通りで、市販のストレートタイプのツユを良く吸って美味しく食べることができた。

 なかなかレベルの高い乾蕎麦だと思う。


 夜食に、明星食品のインスタントカップ麺「評判屋の とんこつらーめん」を食べた。

 ノンフライでカロリーは297kcalというもの。

 麺はちょっとパサットした感じで、弾力を感じない。スープは、別添の調味油を入れてもとてもあっさりとしている。

 豚骨ラーメンとしてはパンチに欠ける感は否めないが、カロリー控えめの豚骨ラーメンを食べたいという人には…



7月6日(水)

 今日の昼食は、石川県にある潟nチバンが製造元の「早ゆで50秒 醤油らーめん」を調理して食べた。

 潟nチバンと言えば、あの「8番ラーメン」を経営している会社である。

 
 醤油には本醸造の醤油を使用と書いてある。良く見るので、特に気にもしていなかったが、飲んでみてマジ美味しいスープ。

 麺は細めの縮れ麺でスープに良く合うように作られていると思えた。

 チェーン店は、あまり利用しないが(博多一風堂はスタンプカードの関係で一時期…)、8番ラーメンのお店に行って食べてみたいと思わせてくれる一杯であった。



7月5日(火)

 今日の昼食は、徳島県板野町にある岡本製麺が製造元の「阿波のたらいうどん」をザルうどんにして食べた。

 ツユは市販のストレートタイプのツユを使用。

 麺はツルリとした、と言うよりはツルツルの平べったい麺。とても薄いので、うどんを食べたって気にはならない感じ。
 そうめんに近いような…

 元来「たらいうどん」なので、そのようにして食べるのが一番なのであろうが…邪道だった?



7月4日(月)

 今日の昼食は、鳥取県倉吉市にある虚趨{製麺所が製造元の「大山そば」をザルそばにして食べた。

 さほど蕎麦の味は感じられない麺は、少しごわっとした食感。

 信州、おびなたのストレートツユにつけて食べる。このツユとの相性はまずまず。

 暑い時期、あっさりとした昼食でした。



7月3日(日)

 今日の昼食は、岡山県笠岡市の焼肉店「焼肉 でんち坊」で「中華そば」(600円)を食べた。

 基本、焼肉店であるが、「ラーメンのまち笠岡 ガイドブック」に掲載されているお店。

 ラーメンメニューは、見たところ、「味噌ラーメン」、「野菜ラーメン」、「中華そば」がある。

 焼肉店なので、基本の(?)「中華そば」ではなく、「味噌ラーメン」にしようかとも思ったが、初めて訪れた店なので、基本(?)の「中華そば」を注文。

 濃口の醤油スープはとても旨みを感じる。しっかりとした麺は味わいを感じスープとの絡みもいい。

 専門店の味と言ってもいいレベルだと思った。醤油の味が自分の好みにピッタリだったと言うのもあるが…

 焼肉屋さんの美味しい中華そば(ラーメン)でした。笠岡にしては値段はチト高めかな?



7月2日(土)

 今日も、昨日に続いて、岡山県笠岡市へ。

 昼食は、「中華そば 坂本」で「中華そば(並)」(500円)を食べた。

 コテコテの濃口醤油スープに、しっかりとした麺。かしわ(親鶏の肉)が5切れほど入っており、他にシナチクと青長ネギ。

 典型的な笠岡ラーメンである。メニューは中華そば(並)と大盛り(700円)のみである。

 メニューが限定されているので、注文してから、出てくるまでがとても早い。

 この「中華そば 坂本」は、昨年の3月から1年間の期間限定で、横浜市にある「ラーメン博物館」に入っていたお店である。

 笠岡駅から近い。300mぐらいかな。駐車場は少し離れたところにある。


 それから、笠岡駅すぐ西にある「讃岐うどん かも福」で「かけうどん」(350円)を食べた。

 とてもしっかりとりた、味わいのある麺。「讃岐うどん」の看板に恥じない麺だと思う。ただ、スープはちょっと弱いかな…

 駅近くのうどん屋さんなので、正直、あまり期待していなかったが、いい意味で期待を裏切られた。

 次回は、ザルうどんを食べようと思う。

 カウンターとテーブル席がある食券制の一般店。マスターが一人で切り盛りしていた。

 持ち帰りうどん、二人前600g300円とある。2人前で600g…


 昨日も書いたけど、笠岡駅前の駐車場は30分以内は無料なのである。


 夕食も笠岡で。

 干拓地の方にある「中華そば みやま」で「中華そば」を食べた。中華そば一本で勝負するお店。餃子もあるが…

 店主、手作りの山小屋風のお店。ここの「中華そば」は、尾道ラーメン風である。というか、完全に尾道ラーメンの定義に当てはまっているような…

 コクのある濃口醤油スープに背脂が浮き、スープは魚介系のみで、鶏や豚などの肉系は一切使用していないとのこと。

 細麺にスープが良く絡む。

 具材も、脂身の少ないチャーシュー2枚にシナチク。どこからどう見ても尾道ラーメン。美味しいラーメンである。

 ちなみに、笠岡では、「ラーメン」ではなく「中華そば」と名づけているラーメン(中華そば)店が多い。

 前面の道路は、車の通行はわりと多いが、とても辺鄙な所に立地している。

 夏場は、虫が苦手な人は避けたほうがいいような…暑くもあるし…

 ちなみに、小さな「蟹」がお店の中を横歩きしていた…



7月1日(金)

 今日は、岡山県笠岡市へ。

 昼食は、笠岡駅近くの商店街内にある「食事処 いなりや」で「中華そば」(400円)を食べた。

 昔風のあっさりとした醤油スープに、しっかりとした麺。

 2枚入っていた、少し厚めのチャーシューが、薄い味付けながらとても美味であった。逆にシナチクの味付けは濃い過ぎ。味付け自体もちっと…

 お客さんは先客一名のみ。

 小雨の影響もあるかもしれないが、商店街はほとんど人影がない。

 笠岡駅前の駐車場に車を止める。30分以内は無料ということで、お金は払わずに済んだ。


 それから、車を数百メートル走らせて、笠岡市役所近くにある「中華料理 アーラン」で「笠岡ラーメン」(550円)を食べた。

 市役所近くということもあり、明らかに市の職員と見られるようなお客さんが数組。他にも女性の2人組みなど。駐車場が2台しかない。

 スープは少し濃口醤油のスープ。笠岡ラーメンらしいスープである。

 かしわは親鶏のしわいかしわを使用しており、とても噛み応えがある。個人的には、若鶏のお肉の方が好みであるが、笠岡ラーメンでは通常、親鶏の肉が使われる。

 シコシコした麺は少し茹で過ぎの感も。

 「ホルモンラーメン」(700円)というものもある。

 カウンター6席の他に、テーブル席、座敷席がある。


 夕食も笠岡で。

 「中華料理 一品香」で「チャンポンメン」(550円)を食べた。

 ラーメンのまち笠岡 ガイドブック」に一番のお勧めとしてこの「チャンポンメン」が載っていたから。

 中華料理店らしい中華風のスープにとろみが加わり、具材が盛りだくさん。豚肉、小エビ、イカ、キクラゲの他にキャベツなど数種類の野菜が。

 これで550円は安い。ちなみに、ラーメンは450円。

 家族連れや、一人客など、客層も幅広い。気兼ねなく入れそうな雰囲気の中華料理店である。



    〜麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)〜


*