サイト管理者自身の、麺類の食べ歩き等を紹介するページです。   過去の日記  *

 岡山県の記事が中心となっております。

 この日記のメインは写真等の管理の都合上 http://blog.goo.ne.jp/acc1229 に移動させました。
 ブログには写真コメントを乗せています。



2019年月1月中半



1月18日(金)

 今日の昼食は、㈱キンレイが製造元の冷凍食品「尾道ラーメン」を調理して食べた。

 ストレートタイプのスープの上に麺、具材がのっており、鍋の上で温めるだけという簡単なもの。

 尾道ラーメンらしいコクを感じる濃口醤油のスープ。

 煮干の味もちゃんと伝わってくる。

 ツルリとした麺であるが、麺からスープの旨みが伝わってくる。

 具材は、脂身少なめのチャーシュー1枚とシナチク。

 尾道ラーメンを食べたなって思える美味しい一杯でした。



1月17日(木)

 今日の昼食は、岡山市今にある「花ざかり 大野辻店」で「俺の中華そば」(750円)を食べた。

 毎月16日から月末までは11時から12時まで、このラーメンが600円になっている。

 香味油が多めに入った濃口醤油のちょっとしょっぱめのスープ。

 スープを作るのに大量の鶏ガラを使っているとのことであるが、鶏ガラダシはそれほど感じれない。

 細麺にスープが良く絡んでいる。

 麺の量はわりと多めだなった感じた。

 具材は、脂身多めのチャーシュー2枚、シナチク、細もやし、煮玉子半切れが2つ。

 ちょっとしつこいかなって感じた一杯でした。

 ☆3.5



1月16日(水)

 今日の昼食は、日清食品チルド㈱が販売元の「行列のできる店のラーメン 博多コクとんこる濃厚炊き出しスープ」を調理して食べた。

 コクを感じる白濁したスープ。

 案外さっぱりとしているなって感じた。

 麺は目安の茹で時間の45秒より少しだけ長く茹でたが生感が残ってしまった。

 極細の麺であり、スープの絡みはとてもいい。

 博多ラーメンを食べたなって思える一杯でした。



1月15日(火)

 今日の昼食は、倉敷市新倉敷駅前にある、にぼし家で「ラーメン」(650円)を食べた。

 複雑な味わいの醤油スープ。

 煮干しの味はそれほど強くなく、ちょっと塩分多めに感じるスープ。

 しっかりとした麺からスープの旨みがもうちょっと感じれればなって印象。

 具材は、チャーシュー2枚とシナチク。

 ☆3.5



1月14日(月) 成人の日

 今日の昼食は、倉敷市新倉敷駅前にある、「お好み焼 どん」で「ぶた玉モダン焼き、そば入り)」(600円+100円)を食べた。

 少し生部分の残ったフワッとした生地。

 麺(中華麺)は一般的な茹で麺を使っていると思われる。

 麺の存在感はほとんど感じられない。

 量は結構多めでも、わりと年配の多くのお客さんがモダンを注文していた。

 キューピーマヨネーズが付いており、普段はあまり使用しないが、マヨネーズかけた方がいいかなって思えた。

 ☆3.5



1月13日(日)

 今日の昼食は、沖縄県浦添市にある、㈱ひまわり総合食品が製造元の「麺が自慢の沖縄そば」を調理して食べた。

 スープは鰹ダシの香ばしさが漂う粉末タイプのスープ。

 ほんのり旨みを感じるあっさりとしたスープ。

 少し平べったい滑らかで口当たりのいい麺。

 麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 「沖縄そば」を食べたなって実感のわくような一杯でした。



1月12日(土)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「麺屋NOROMAラーメン)」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁したスープ。

 少し太めのしっかりとした麺からもスープの旨みが良く伝わってくる。

 麺自体にも味わいを感じる。

 麺とスープとの相性も良く思えレベルが高いなって思えた一杯でした。



1月11日(金)

 今日の昼食は、長崎県諫早市にある、㈱白雪食品が製造元の「ちゃんぽん」を調理して食べた。

 半生の麺にレトルトの具材入りスープがセットになったもの。

 スープと具材が一緒に入っていたためか、スープには雑味を感じる。

 麺は気持ち太の麺。ちゃんぽんの麺としてはもうちょっとモチッとした食感を感じれれば。

 具材は、竹の子、豚肉、蒲鉾、人参、コーン、あさり貝、竹輪、エビ、グリーンピース、イカと種類は多いが「ちゃんぽん」の具材らしくはないなって印象。

 手軽ではあるが、もうちょっと本格的だったらなって印象の一杯でした。



2019年月1月前半



1月10日(木)

 今日の昼食は、愛媛県東暖市にある、五色そうめん㈱森川が製造元の「伊豫のそうめん屋がつくった 醤油らうめん」を調理して食べた。

 ほんのりと旨みを感じるさっぱりとした醤油スープ。

 麺は素麺のような食感の極細の乾麺。

 ラーメンらしくない感じでちょっと物足りない印象の残った一杯でした。



1月9日(水)

 今日の昼食は、三重県紀北町にある、㈲モリタMが販売元の「種まき権兵衛うどん」をかけうどんにして食べた。

 添付の濃縮タイプのスープは、コクを感じる濃口醤油のスープ。

 茹で時間の目安は6~7分とあり、7分ぐらい茹でたがちょっと乾麺っぽさが残っていた。

 口当たりのいい滑らかな麺。

 全体的に塩分ちょっと多めかなって感じた。

 添付の「追い鰹」は入れ忘れてしまった。



 間食に、秋田県横手市にある、㈱クックランドが製造元のインスタント袋麺「円楽腹黒ラーメン ブラック醤油味」を調理して食べた。

 商品名の通り黒色をしたスープ。

 少し複雑な味わいで、コクと旨みを感じる濃口醤油のスープ。

 しつこさを感じない美味しいスープである。

 麺からもスープの旨みがとても良く伝わってくる。

 かなりレベルが高いなって感じた一杯でした。



1月8日(火)

 今日の昼食は、新潟県十日町市にある、㈱松代そば善屋が製造元の「蕎麦」を「かけそば」で食べた。

 スープは、瀬戸内市にある、㈱姫太郎が製造元の「かつお風味 本だし」(ストレートタイプ)を使用。

 麺はそば粉の割合が半分の五割そば。

 それでも蕎麦の味、食感を感じる乾麺。

 鰹ダシがそれほど強いとは感じなかったが和風なスープと麺が合っていうなって感じた一杯でした。



1月7日(月)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「麺屋NOROMAラーメン)」を調理して食べた。

 「麺屋NOROMA」は「某有名グルメサイト奈良ラーメン3年連続第1位」とのこと。

 とても旨みを感じる白濁したスープ。

 しっかりとした麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 スープと麺との相性もとても良く思えた。

 とてもレベルが高いなって感じた一杯でした。



1月6日(日)

 15時半頃、瀬戸内市にある、「まるや長船店」で「生醤油そば」(590円)を食べた。

 ちょっとしょっぱさを感じる、旨みのある醤油スープ。

 少し加水率が低そうな自家製の麺にスープが良く絡む。

 麺からもスープのしょっぱさをちょっと感じる。

 具材は、脂身少し多めのチャーシュー2枚、シナチク2切れ、もやし少々に小ナルト1切れ。

 ☆3.5



 夕食は、備前市日生町日生にある泉富久で買って帰っていた「カキオコそば入り)」(1,300円くらい)を電子レンジで加熱して食べた。

 昼間に持ち帰り用を買っていたもの。

 買ってからかなりの時間が経過していたのであまり期待をしていなかったが、電子レンジで加熱しただけでフワッとした食感に。

 生地にフワッとなるような原材料の何かを混ぜているのだろうか。

 ソースは濃厚でちょっと辛さも感じるソース。

 残念ながら麺の存在感はほとんど感じれなかった。

 時間が経過してもなお残っていたフワッと感にはちょっとビックリとした一杯でした。

 カキオコ3個とそば入りカキオコ2個の合計が5,600円であり、お店でのカキオコの値段が1,000円だったのでそば入りは1,300円ぐらいかな。

 ちなみに、昼食に訪問をした「もりした」では麺入りの「カキオコ」はやっていないとのことだった。



1月5日(土)

 今日の昼食は、沖縄市にある、「㈲アワセそば」が製造元の「沖縄そば」を調理して食べた。

 麺は生麺とあるが、半生っぽい平べったい麺。

 スープは粉末タイプのスープ。

 あっさりながら旨みを感じる飲んで美味しいスープである。

 麺は若干乾麺っぽさが残った出来となったが、美味しい一杯でした。



1月4日(金)

 今日の昼食は、三重県紀伊町にある、㈲モリタMが販売元の「種まき権兵衛ラーメン」を調理して食べた。

 味噌味スープであるが、別に「かつお削りぶし」が付いている。

 「かつお削りぶし」の量が結構多く、味噌よりも強く感じる。

 麺は黄色い乾麺。少し乾麺っぽさが残ったが口当たりのいい食感。

 麺からもスープの鰹節の味を強く感じた。

 バランス的に、もうちょっと「かつお削りぶし」の量を全部入れるのではなく少なめにしておいた方が良かったかなと感じた一杯でした。



1月3日(木)

 夕食は、香川県宇多津町にある、「㈱めりけんや」が販売元の「年明け紅白うどん」を調理して食べた。

 10倍濃縮タイプのスープ付き。

 さっぱりながら旨みを感じる飲みやすいスープ。

 紅白2種類の麺は温ながら歯ごたえを感じる麺。

 スープと麺との相性がいいなって感じた美味しい一杯でした。



1月2日(水)

 夕食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「カレーうどん」を調理して食べた。

 思ったよりスパイスが効いているカレーのルゥ。

 麺はわりとしっかりとした麺。

 麺にカレーのルゥが良く絡み美味しく食べることができた一杯でした。



2018年月12月後半



12月28日(金)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン醤油味」を調理して食べた。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 少しモチッとした食感の黄色い縮れ麺。

 麺からもうちょっとスープの旨みが伝わればなって思えた。



12月27日(木)

 今日の昼食は、倉敷市にある、「㈱麦のめん」が製造元の「醤油ラーメン」を調理して食べた。

 老舗醤油店のキミセ醤油とのコラボ商品。

 コクを感じる濃口醤油の美味しいスープ。

 モチッとした食感の縮れ麺。

 スープ、麺、それぞれは良いとは思うが、相性がもう一歩かなって思えた一杯でした。



12月26日(水)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン みそ味」を調理して食べた。

 スープを薄めすぎたか、味噌のコクをあまり感じないピリ辛のスープ。

 黄色い麺からもスープの旨みがそれほど感じられない一杯でした。



12月25日(火)

 今日の昼食は、米子市にある、㈱鳥取はまみ屋が販売元の「鳥取 牛骨ラーメン」を調理して食べた。

 鳥取の牛骨ラーメンは鳥取県の倉吉市周辺でよく食べられているもの。

 牛の味はさほど感じない濃口醤油のスープ。

 少しモチッとした食感の麺にスープが良く絡む。

 もうちょっと牛骨の味が感じれればなって思えた。



 間食に、エースコック㈱が製造元のインスタントカップ麺「1988年発売スーパーカップ復刻版 大盛りいか焼そば」を食べた。

 とてもオーソドックスなソース味。

 万人好みしそうな味である。

 具はキャベツとイカ。それほど多くない。

 麺の量は結構多く、一食になるのではと思えるほど。

 全体的にいいなって思えた一杯でした。



12月24日(月) 振替休日

 今日の昼食は、日清食品チルド㈱が販売元の「特製手もみ風ちぢれ麺 金の醤油ラーメン)」を調理して食べた。

 セブン&アイグループのPB商品、「金の」商品。

 旨みを感じる濃口醤油のスープ。

 縮れ麺は、それなりのこだわりをもって作っているのかなって印象。

 麺とスープとの相性はそれほどでもって思えたオーソドックスな一杯でした。



12月23日(日) 天皇誕生日

 今日の昼食は、東洋水産㈱が製造元の冷凍食品「屋台一番 焼そばソース味」を食べた。

 味付けされた麺と具材が袋に入っており、電子レンジで加熱。その後、フライパンで少しほぐして完成。

 スパイシーなホットさを少し感じるジューシーなソース味。

 3食セットになっており、前回は1食を食べたが少し少なく感じたので2食分食べた。

 2食だとわりと多めかな。

 万人好みっぽ味付けの一杯でした。



12月22日(土)

 今日は香川県に「うどん」を食べに行く。

 1軒目は、綾川町にある、「池内うどん店」で「うどん(1玉)」(220円)を食べた。

 朝早くから地元のお客さんで賑わっている。

 麺にタレが入って出てくる。

 麺はちょっと伸びぎみかなって思えた。

 少し甘辛のタレはもうちょっと旨みが感じれればなって印象。

 うどんと一緒に蕎麦を食べている人も多かった。

 ☆3.0



 2軒目も綾川町にある、田村で「うどん(小)」(200円)を2杯食べた。

 まずは「」から。

 醤油ダレをかけて食べる。

 強すぎず適度なコシを感じる麺。

 醤油ダレと麺が良く合っておりシンプルながら美味しいと感じた一杯でした。

 ☆4.0

 温かいツユは、ほんのり魚介系のダシを感じるあっさりとしたスープ。

 温は自分で麺を温めるタイプのセルフ店。

 温だとコシを感じれない。

 ☆3.5



 3軒目は、丸亀市にある「よしや」で「冷たい ぶっかけうどん(小)」(230円)を食べた。

 とても強いコシを感じることのできる麺。

 タレは濃いが、麺を食べてもタレの味がほとんど感じられない。

 ちょっと弱いかなって印象。

 温かいスープのうどんの方がお薦めかな。

 ☆3.5



 4軒目は、丸亀市にある「山とも」で「しょうゆうどん(小)」(230円)を食べた。

 醤油ダレがちょっとしょっぱいなって思えた。

 麺はかなり細めの麺で、コシが感じられず物足りなさが。

 麺の量もかなり少なめに思えた。

 ☆3.0



 5軒目は、多度津町にある、「根ッ子うどん」で「かけうどん」(260円)を食べた。

 自宅兼店舗と温室ハウスが合体したような店舗。

 チクワが2切れ入っている。

 ほんのり魚介系ダシの効いたあっさりとしたスープ。

 温でもしっかりとコシを感じることのできる太麺。

 麺とスープとが合っているなって印象でした。

 ☆4.0



 6軒目は、多度津町にある、「山よし」で「かけうどん」(200円)を食べた。

 旨み、ほんのり魚介系のダシに雑味を感じるスープ。

 スープを飲んだときには旨みが強く感じられる。

 ただ、麺からはスープの雑味の方を強く感じた。

 ☆3.5



12月21日(金)

 今日の昼食は、米子市にある、㈱鳥取はまみ屋が販売元の「鳥取 牛骨ラーメン」を調理して食べた。

 濃口醤油のスープ。

 麺をすすると、スープを飲んだ時にはそれほど感じれなかった牛の味を少し感じ取ることができた。

 せっかく強調しているので、もうちょっと牛の味が強く感じれればなって思えたオーソドックスな一杯でした。



2018年月12月中半



12月20日(木)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「らーめん山頭火 旭川とんこつ塩」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁した豚骨スープ。

 麺がスープの旨みをよく吸い取っている。

 少し前にも同じ商品を食べたが、その時より美味しく感じた。

 スープの濃縮度合いが良かったのかな。



 間食に、明星食品㈱が販売元のインスタントカップ麺「明星 旨だし屋 天ぷらそば」を食べた。

 鰹ダシが程よく効いた、とても旨みを感じる和風な醤油スープ。

 麺は、蕎麦らしく少しボソッとした食感の麺。

 麺からスープの旨みがとても良く伝わってくる。

 この手の商品では極めたかなって思えるほどの一杯でした。



12月19日(水)

 今日の昼食は、岡山市南区にある、㈱ヒロセが製造元の「尾道ラーメン屋さん本格生麺」を調理して食べた。

 尾道ラーメンらしく細かな背脂が浮いたコクを感じる濃口醤油のスープ。

 少し加水率が低そうな麺にスープが良く染み込んでいる。

 尾道ラーメンらしさは感じれたかなって印象の一杯でした。



12月18日(火)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン担々麺味」を調理して食べた。

 旨みを感じて少したってから香辛料の辛さを感じるスープ。

 辛すぎるわけではないが、もうちょっとマイルドであれば。

 麺からはスープの旨みが良く伝わり、麺を食べるときにはそれほど辛さを感じなかった。

 ちょっとクセになりそうな感じの一杯でした。



 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清焼そばU.F.O.」を食べた。

 滑らかな麺にちょっと独創的な香り漂うジューシーなソース味。

 ひとつ置いておくと何となく安心感を感じる定番の一杯でした。



12月17日(月)

 今日の昼食は、倉敷市玉島阿賀崎にある、「てんりょうおか 阿賀崎店」で「てんりょうラーメン」(450円)を食べた。

 優しい味わいの醤油スープ。

 醤油の味が自分の口に合っている。

 少しモチッとした食感の麺にスープが良く絡み、麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 麺とスープとが良く合っているなって印象。

 具材は、チャーシュー2枚、細切れチャーシュー少々、ピリ辛のシナチクに多めの細もやし。

 ☆4.0



 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清の どん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」を食べた。

 とろみのあるスープは、明太風練り物に味付けされた辛さを少し染み出た、ちょっと辛さを感じるスープ。

 ツルリとした麺は、少しモチッとした食感を感じる。

 このツルリとした麺はあまり好みではない。

 明太風練り物、卵の入ったあんかけスープは、この時期にはいいのかも。



12月16日(日)

 今日の昼食は、東洋水産㈱が製造元の冷凍食品「屋台一番 焼そばソース味」を食べた。

 味付けされた麺と具材が袋に入っており、そのまま電子レンジで加熱。

 それからフライパンで少しほぐしてから食べた。

 少しスパイシーさを感じるジューシーなソース味。

 屋台風な感じのわりとあっさりとした手軽な一杯でした。



12月15日(土)

 今日の昼食は。浅口市鴨方町にある、「麺屋つむぎ」で「支那そば」(650円)を食べた。

 ダシは飛魚を中心にした鶏がらスープ。

 飲みやすく少し複雑な味わいの旨みを感じる濃口醤油のスープ。

 香味油が少し多めに浮いているがしつこさは感じない。

 味わいのある自家製の麺にスープがとても良く染みている。

 麺とスープが合っているなって思えた。

 具材は、脂身少なめのチャーシュー2枚と、太いシナチク2本。

 ☆4.5



 夕食は、岡山県早島町にある、「8番らーめん 早島店」で「野菜五目らーめん」(853円)を食べた。

 多分、通常の野菜らーめん(醤油)の具材がちょっと少なめで、その上に具材が入ったあんかけをかけたもの。

 あんかけの味付けが良く、スープともけんかをせずなじんでいる。

 麺は野菜らーめんに使われる少し太めのツルリとした縮れ麺。

 具材は、海老、豚肉、たけのこ、ちんげんし、きくらげ、にんじん、キャベツ、たまねぎ、もやし。

 期間限定で、もう少しで提供が終わる商品。

 冬の間はずっとあってもいいのになって思えた一杯でした。

 ☆4.0



12月14日(金)

 今日の昼食は、倉敷市玉島長尾にある、「麺処せとうちや」で「かけうどん」(504円)を食べた。

 スープに大量の天カスが入って出てきた。

 さっぱり飲みやすいスープ。

 麺はとてもツルツルとした細麺。

 麺から天カスの油っぽさが唇にまとわり付いてくる。

 看板に「さぬきうどん」ってあるが、「讃岐うどん」っぽくは感じない。

 カマボコが3切れ。

 全体的に塩分ちょっと多めかな。

 ☆3.5



 それから、倉敷市玉島阿賀崎にある、人気ラーメン店「長浜ラーメン あかり」で「ラーメン」(620円)を食べた。

 さっぱりながら旨みを感じる白濁した豚骨スープ。

 黄色い卵(?)麺は茹で加減普通で注文したが、かなり柔らかめの茹で加減であった。

 麺からスープの旨みがもうちょっと良く伝わればなって感じた。

 具材は、脂身多めのチャーシュー3枚ともやし少々。

 高菜などで自分好みにアレンジしながら食べれるのが人気の理由の一つなのだろうか。

 ☆3.5



12月13日(木)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン塩味」を調理して食べた。

 サッポロ一番塩ラーメンに似た味を感じる塩味スープ。

 麺は黄色い卵麺。

 塩分ちょっと強いかなって思えたが全体的にはさっぱりとした一杯でした。



 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」を食べた。

 商品名の通り、旨みとラー油の辛さを感じるスープ。

 辛さがなく、旨みだけ感じれればなって思えた。

 麺は蕎麦らしく少しはゴワッとした食感が感じられるが、ちょっと好みとは外れたかな。



12月12日(水)

 今日の昼食は、岡山市田町にある、「山冨士 田町店」で「中華そば」(700円)を食べた。

 香味油が少し浮いた優しい味わいで旨みを感じる醤油スープ。

 醤油の味が自分の口に合っているなって感じた。

 味わいを感じるしっかりとした麺からスープの旨みが伝わってくる。

 麺とスープとの相性がとてもいいなって思えた。

 具材は、脂身が少なめのチャーシュー3枚とシナチク。

 ☆4.0



12月11日(火)

 今日の昼食は、倉敷市北畝にある、「ラーメン味や」で「味噌バター生卵ラーメン)」(750円)を食べた。

 コクを感じる味噌味スープであるが、味噌がかなり強すぎ、しょっぱさを感じるほど。

 ツルリとした麺を食べてもスープのしょっぱさが伝わってくる。

 バターと生卵を溶かすと幾分かはまろやかにはなるが。

 具材は、もやし、キャベツ、人参、玉ねぎ、ミンチ肉。

 ここには以前は豚骨ラーメンのお店があったところ。

 ☆3.0



2018年月12月前半



12月10日(月)

 今日は朝から香川県へ。

 朝食は、三豊市にある、浜堂ラーメンで「中華そば」(700円)を食べた。

 細麺と平打ち麺が選べる。平打ち麺でお願いする。

 旨みを感じる和風の飲みやすいスープ。

 麺はツルツルとした平打ち縮れ麺。

 麺がツルリとしている分、スープの伝わりがよくなく思えたのが残念。

 麺は細麺の方がいいかな。

 具材は、脂身がほとんどない歯応えのいいチャーシュー3枚、太いシナチク3本、ちょっとしょっぱい味付けの煮玉子と小海苔1枚。

 来年1月23日ごろに岡山の県庁通りにお店を出店するとのこと。

 ☆3.5



 それから、同じ三豊市にある人気うどん店、須崎食料品店へ。

 (それぞれ200円)を注文。

 寒い時期なので、ほとんどの人が温を注文していた。

 丼に麺だけが入った状態で提供され、自分で青ネギと醤油ダレをかけて食べるスタイル。

 温は麺から湯気が立ち上っている。

 温でもしっかりとコシを感じることのできる麺。

 ほどよいコシを感じる麺に醤油ダレが絶妙に絡み合い、とても美味。

 シンプルイズベストって思える一杯でした。

 ☆5.0

 冷は、当然ながら温よりも強いコシを感じることができる。

 噛み切れるかなって程のレベル。

 冷も美味しかったが、温を食べた後、温の方が醤油ダレと良く合っているなって印象。

 ☆4.5



12月9日(日)

 今日の昼食は、日本水産㈱が製造元の冷凍食品「ちゃんぽん」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 チャンポンらしく太めの麺は、茹で時間の目安である2分ちょうどぐらいの茹で時間に。

 モチッとした食感の歯応えを感じる麺。ちょうどいい茹で加減。

 麺からもスープの旨みが良く伝わってくる。

 具材は、キャベツを中心に、人参、もやし、コーン、きぬさや、イカ、海老、豚肉、カマボコ、さつま揚げ、キクラゲ。

 冷凍庫に保存してあると、とても重宝する一杯でした。



12月8日(土)

 今日の昼食は、丸亀市にある、㈱久保田麺業が製造元の「高知 須崎 鍋焼きラーメン」を調理して食べた。

 数日前に食べたものと同じもの。

 鶏ガラダシをよく感じる濃口醤油のとても旨みを感じるスープ。

 スープの薄め具合がちょうどよかったのだろう。

 前回は麺が柔らかすぎたので少し茹で時間を短くしたらちょうどいい感じに。

 鍋焼きではないが、何となくそれっぽい雰囲気の出た美味しい一杯でした。



12月7日(金)

 今日の昼食は、高松市にある、高松日清食品㈱が製造元の冷凍食品「日清炒め技ちゃんぽん」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 具材の甘みもスープに溶け込んでいる。

 麺は少し太めの麺でちゃんぽんらしさは感じられるがもうちょっと太めでモチッとした食感の麺が好みかな。

 具材は、キャベツ、もやし、コーン、人参、きぬさや、玉ねぎ、イカ、キクラゲ、かまぼこ。

 1/3日分の野菜がとれるとあるが、それほど多くは感じなかった。

 冷凍庫に保存しておくと重宝する一杯。



12月6日(木)

 今日の昼食は、丸亀市にある、㈱久保田麺業が製造元の「高知 須崎 鍋焼きラーメン」を調理して食べた。

 鶏ガラだしの濃口醤油のスープ。

 上品な旨さを感じる飲みやすいスープである。

 極細の麺は茹で過ぎて柔らかくなったがスープとの絡みはいい。

 具材や鍋などは高知・須崎のご当地「鍋焼きラーメン」とはまったく違ったが、何となくそれっぽさを感じることのできた一杯でした。



12月5日(水)

 今日の昼食は、島根県雲南市にある、「㈱出雲たかはし」が製造元の「出雲そば」をザルそばにして食べた。

 ツユは、添付のストレートタイプのツユを使用。

 小麦粉よりそば粉の配合割合が高い麺は、しっかりと蕎麦の味を感じる、蕎麦らしいボソッとした食感の麺。

 ツユはちょっと弱いかなって思えた。

 ツユでちょっと残念な印象になった一杯でした。



 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清デカうま濃厚コク旨醤油ラーメン)」を食べた。

 濃口醤油の旨みを感じるスープ。

 商品名の通り旨みを感じるスープだなって印象。

 口当たりのいい麺からスープの旨みをよく感じ取ることができた。

 美味しい一杯でした。



12月4日(火)

 今日の昼食は、米子市にある、㈱鳥取はまみ屋が販売元の「のどぐろラーメン」を調理して食べた。

 商品名の通り、のどぐろの粉末がスープに入っている。

 旨みを感じるさっぱりとした塩味スープ。

 麺にスープのうまみがしっかりと染み込んでおり、美味しく食べることができた一杯でした。



12月3日(月)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「らーめん山頭火 旭川とんこつ塩」を調理して食べた。

 旨みを感じる白濁した豚骨スープ。

 麺は少し縮れの入った麺。

 時間が経つにつれ麺からスープの旨みを感じれるようになる。

 もうちょっと麺にスープの馴染みが良ければなって思えた。

 スープの美味しい豚骨ラーメンでした。



12月2日(日)

 昼食は「広島焼き」。

 「広島焼き」と言っても、中華麺を自作のお好み焼きに入れただけ。

 広島・岡山両県を中心にスーパー展開する㈱ハローズのPB商品であるハローズセレクションの茹で麺、ソースを使用。

 しっかりと中華麺の存在感があり、わりと美味しいできあがりとなりました。



 間食に、㈱ハローズの惣菜コーナーで買っていた「昔ながらのナポリタン」(203円)を電子レンジで加熱して食べた。

 少し太めのしっかりとした麺。

 昔ながらって感じのコテコテのナポリタンソース味。

 まさにB級グルメだなって印象だが美味しい一杯でした。



12月1日(土)

 今日の昼食は、高松市にある、高松日清食品㈱が製造で、日清食品冷凍㈱が販売元の冷凍食品「日清 炒め技 味噌らーめん」を調理して食べた。

 調理と言っても鍋に湯を沸騰させ、麺、添付の具材、スープを入れて時々かき混ぜるだけ。

 とてもコクと旨みを感じる味噌スープ。

 このスープの味ならお店で提供すれば人気店になれるのではと思えるほど。

 麺からもスープの旨みが伝わってくる。

 具材は、キャベツを中心に、人参、もやし、コーン、青ニラ。

 満足の一杯。

 具材を食べた後からアイリスフーズの切り餅を入れて食べた。

 この切り餅がとても美味しい。

 どこで入手したか思いつかない…



2018年月11月後半



11月30日(金)

 今日の昼食は、沖縄県浦添市にある、㈱かけはしが販売元の「八重山そば」を調理して食べた。

 あっさりとした醤油スープ。

 少し太めで少しモチッとした食感の麺。

 少しツルリとしており、一般的なラーメンの麺と若干異なるなって印象。

 麺からスープの鰹ダシの味をよく感じることができた。

 さっぱりとした一杯でした。



11月29日(木)

 今日の昼食は、岡山県赤磐市にある「中華そば専門店 仙助」で「中華そば」(650円)を食べた。

 岡山の、いわゆる「松系」ラーメンのお店。

 「松系」はスープに蜂蜜が入っている。

 味噌っぽい色をした、少し味噌っぽい味を感じる豚骨醤油スープ。

 とても旨みを感じ、クセになるような味わいのスープである。

 細麺にスープがとても良くしみているが、麺からスープの旨みがあまり感じられないのが残念。

 具材は、脂身少し多めのチャーシュー2枚とシナチク。

 スープが美味しい一杯でした。

 ☆3.5



11月28日(水)

 今日は朝から京都へ。

 朝食は、京都市にある、「ラーメン専門店 第一旭」で「ラーメン」(700円)を食べた。

 ちょっと塩分多めに感じる旨みのある飲みやすいスープ。

 少し太めのしっかりとした麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 スープを飲むとちょっとしょっぱく感じるが、麺を食べるとちょうどいいのかなって思えた。

 具材は、スライスチャーシュー8切れ程度ともやし。

 朝早くからオープンしている朝食に重宝する人気店。

 ☆4.0



 昼食も京都市で。

 「らーめん家 まあご」で「らーめん)」(750円)を食べた。

 「この味天下無双やみつき」との触れ込み。

 「もちもち・つるつるの太めん 牛乳魚介鶏ガラベースのクリーミーなスープ バターたっぷり黒コショー風味」とある。

 白濁したとてもクリーミーでポタージュのようなスープ。

 上に乗って出てきたバターがちょっとの間に溶けてしまっている。

 魚介系、鶏ガラの味は全く感じれない。

 とてもツルツルとした麺からクリーミーなスープの味を感じることができる。

 ラーメンを食べていると言うよりは、スープカルボナーラスパゲティーのようだ。

 具材は、歯ごたえのあるチャーシュー4枚ほどにチンゲン菜(?)。

 ☆3.5



 夕食は、JR京都駅の売店で買った「だし香る!醤油焼うどん」(429円)を新幹線の中で食べた。

 製造元は兵庫県宝塚市にある、㈱今里食品

 「1/3日分の野菜が摂れる」 という触れ込み。

 キャベツ、玉ねぎ、もやし、人参、青ネギがそれぞれ同じぐらいで、少し多めに入っている。

 具材は他に、豚バラ肉が5枚程度。上に鰹節が乗っている。

 麺は少ししっかりとした麺。

 焼きうどんはソース味が好みであるが、この醤油の味付けもイケルなって思えた。

 麺、具材の量も結構あり、コスパが高いなって思える、さっぱり美味しい一杯でした。



11月27日(火)

 今日の昼食は、岡山高島屋で本日まで開催されている「~諸国~味の逸品展」の会場で。

 鹿児島市から来ていた「五郎家」の「おなじみラーメン」(810円)を食べた。

 味噌っぽい色をした、とても旨みを感じるスープ。

 「あっさり」とあったが、わりと濃いなって感じる。

 麺にスープが良く絡み、麺からスープの旨みがとても良く伝わってくる。

 具材は、大きなチャーシュー1枚と刻んだキャベツ。

 アクセントに焦がしネギ(かな)の薬味が入っている。

 イベント会場でここまでの味が味わえるとは思っていなかったと思える美味しい一杯でした。

 会期は今日まで。

 ☆4.5



11月25日(日)

 今日の昼食は、岡山市奉還町にある、「中華そば 浅月」で「中華そば」(680円)を食べた。

 地元岡山の人の口に合っているなって感じる飲みやすい醤油スープ。

 麺にスープが良く絡んでいるが、麺を食べるとスープがちょっと薄まりすぎかなって思えた。

 具材は、歯ごたえのいいチャーシュー3枚、シナチク。

 ☆4.0



11月24日(土)

 今日の昼食は、旭川市にある、藤原製麺㈱が製造元の「和歌山ラーメン 井出商店」を調理して食べた。

 濃厚な豚骨醤油のスープ。醤油がかなり濃い目。

 麺にスープがとても良く染み込んでいる。

 わりとオーソドックスだなって印象の一杯でした。



11月23日(金) 勤労感謝の日

 今日の昼食は、日本水産㈱が製造元の冷凍食品「ちゃんぽん」を調理して食べた。

 旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 ちゃんぽんの麺っぽい少しモチッとした食感の太めの麺。

 具材は、キャベツを中心に、にんじん、もやし、コーン、きぬさや、イカ、小海老、カマボコ、さつま揚げ、キクラゲ。

 冷凍室に置いておくと重宝する一杯でした。



11月22日(木)

 今日の昼食は、沖縄県糸満市にある、㈱サン食品が製造元の「昔ながらの木灰そば」を調理して食べた。

 ソーキ肉(軟骨付豚ばら肉)が2切れついている。

 とてもさっぱりとした醤油スープ。

 麺は少しモチッとした食感の平べったい麺。

 全体的にあっさりとした一杯でした。



 15時少し過ぎに、倉敷市藤戸町天城にある、「こがね製麺所 倉敷天城店」で「ざるうどん(中)」(420円)を食べた。

 「中」は2玉。

 一昨日、昨日、本日と一部メニューが半額となっており、通常420円が半額の210円で。

 中途半端な訪問時間ということもあり、作り置きしていた麺の表面が少し乾燥していたが、麺にコシを感じることができた。

 つけダレは和風で旨みを感じるタレで、ザルうどんの麺には適しているなって思えた。

 麺とツユとの相性も良く美味しく食べることができたが、2玉だと後半からタレが少し薄すぎるかなって。

 ☆4.0



11月21日(水)

 今日の昼食は、日清食品チルド㈱が販売元の「広島 中華そば すずめ」を調理して食べた。

 「すずめ」のお店自体は平成27年4月に閉店になったけど、後継店「中華そば 寿々女(すずめ)」が広島市内にあるとの記載が。

 濃口醤油の、いかにも「中華そば」といった感じのスープ。

 麺がスープととてもよく絡んでおり、美味しく食べることができた。



 間食に、兵庫県たつの市にある㈱イトメンが製造元で、福山市にある㈱ハローズが販売元のインスタントカップ麺「油揚げ入うどん」を食べた。

 広島県東部、岡山県を中心に瀬戸内圏にスーパーを展開するハローズのPB商品。

 鰹ダシの効いた和風の飲みやすいスープ。

 たくさん入っているわかめの味も感じる。

 麺はこの手の商品によくあるモチッとした食感は感じない細麺。

 わかめがたくさん入っているのがいいなって感じた一杯でした。



    ~麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)~

*