サイト管理者自身の、麺類の食べ歩き等を紹介するページです。   過去の日記  *

 岡山県の記事が中心となっております。

 この日記のメインは写真等の管理の都合上 http://blog.goo.ne.jp/acc1229 に移動させました。
 ブログには写真コメントを乗せています。



2020年月1月後半



1月24日(金)

 今日の昼食は、熊本県芦北町にある、㈱宮本産業が製造元の「もっこす亭 とんこつラーメン」を調理して食べた。

 黒マー油が結構多めに入っている豚骨スープ。

 飲んでちょっとしてからマー油のニンニクの味を感じる、わりとあっさりとしたスープ。

 麺に黒マー油がよく絡む。

 マー油あり、スープはあっさりしておりちょうどバランスがいいのかなって思えた。



1月23日(木)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「ラーメンいのよし」を調理して食べた。

 いわゆる「鳥取牛骨ラーメン」。

 倉吉市周辺でたくさんのお店が提供している。

 香味油が少し多めに浮いた、ほんのり牛骨味を感じる旨みのあるスープ。

 少しモチッとした食感の麺にスープがよく絡み麺からスープの旨みを感じることができる。

 麺とスープとの相性もいいなって思えた一杯でした。



1月22日(水)

 今日の昼食は、岡山市北区内山下にある、「とよ香」で「ぶっかけうどん(温)」(450円)を食べた。

 温でも歯ごたえを感じることのできるしっかりとした麺。

 上品なタレだが、もうちょっと濃いのが好みかな。

 麺の上に量は多くないが、天カス、青ネギ、ゴマ、生姜、レモンが乗っている。

 具材の量がもうちょっと多く、タレがもうちょっと濃い方がいいけど、麺はいいなって感じた一杯でした。

 ☆4.0



 夕食は、倉敷市羽島にある、「らーめん屋敷」で「屋敷らーめん」(650円)を食べた。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 麺がよくほぐれておらず、少し固まった状態だった。

 ただ、茹で加減は少し柔らかめ。

 麺を茹でるときに、最初によく混ぜていなかったのだろう。

 具材は、チャーシュー5枚、シナチク少々、もやし。

 今月末で閉店(店主の治療次第で移転再開?)となるため、今回が最後の訪問となるだろう。

 ☆4.0



1月21日(火)

 今日の昼食は、倉敷市平田にある、「一風堂 倉敷店」で「博多シンプルラーメン)」(550円)を食べた。

 平日の11時から数量限定のメニュー。

 白丸に比べるとあっさりと感じる豚骨スープ。

 極細の麺を食べてもちょっと物足りない感じ。

 具材は、チャーシュー1枚、もやし、キクラゲ。

 チャーシューが少ないだけで白丸と基本変わらないのかと思っていたが、そうではないようだった。

 ☆3.5



2020年月1月中半



1月20日(月)

 今日の昼食は、イオン㈱が販売元のPB商品トップバリューの冷凍食品「豚骨しょうゆラーメン」を調理して食べた。

 製造元は、大阪府泉佐野市にある、㈱サンデリックフーズ

 オーソドックスな豚骨醤油のスープ。

 麺はしっかりとした歯ごたえを感じる麺。

 全体的にオーソドックスだなって感じた一杯でした。



1月19日(日)

 今日の昼食は、倉敷市西中新田にある、「中華蕎麦 かたやま 倉敷店」で「中華蕎麦(大盛)」(830円)を食べた。

 大盛は、多分1.5玉。

 香味油が多めに浮いた熱々の鶏ガラ醤油スープ。

 わりとあっさりと感じるスープ。

 しっかりとした細麺にスープが良く絡み、麺からスープの旨みが充分に伝わってくる。

 具材は、煮玉子半分、脂身少なめながら美味のチャーシュー5枚、もやし、ナルト2切れ。

 全体的には塩分ちょっと強めかなって思えた。

 ☆4.0



1月18日(土)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「中華そば 冨士屋」を調理して食べた。

 とてもコクと旨みを感じる濃口醤油のスープ。

 濃いがしつこさは感じない。

 お店のスープのほうがもうちょっとあっさりしているかな。

 麺がスープの旨みを良く吸い取っており、麺とスープとの相性もいいと感じた美味しい一杯でした。



1月17日(金)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「支那そば 王王軒」を調理して食べた。

 濃厚な豚骨醤油の、いわゆる「徳島ラーメン」。

 スープは濃厚ではあるが、わりと飲みやすいスープ。

 麺にスープがとてもよく絡み付き、麺からスープの旨みを感じることができる。

 「徳島ラーメン」らしさを感じることのできた一杯でした。



1月16日(木)

 今日の昼食は、岡山市南区にある、「さざなみ 曽根店」で「ぶっかけうどん(中)」(462円)を食べた。

 麺にぶっかけダシ。その上に天カス、刻み海苔、青ネギ、大根おろしが乗っており、かき混ぜて食べる。

 濃厚なダシは自分好みだが、濃すぎて、ちょっとしょっぱさを感じる。

 ☆3.5



1月14日(火)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「桑名ラーメン)」を調理して食べた。

 とてもコクと旨みを感じる味噌味スープ。

 麺はツルリとした縮れ麺。

 麺がツルリとしている分、スープの吸い取りが良くない。

 せっかくの美味しいスープが活かしきれていないなって思えた。



1月13日(月) 成人の日

 今日の昼食は、長崎県大村市にある、㈱狩野ジャパンが製造元の「本場長崎 ちゃんぽん麺で作る 塩焼そば」を調理して食べた。

 麺は、ちゃんぽんの麺らしく少し太めの麺。

 味も豚骨ベースでチャンポンらしさが出ている。

 麺だけを食べると塩加減がちょっと強い気がしたが、具材と一緒に食べるとちょうどいい感じに。

 「ちゃんぽん」らしさが感じられる焼そばでした。



1月12日(日)

 今日の昼食は、福島県喜多方市にある、㈱喜多方らーめん本舗が製造元の「喜多方らーめん まろやか味噌味」を調理して食べた。

 まろやか味噌味とあるが、コクを感じる飲みやすく美味しいスープ。

 喜多方ラーメンらしく縮れの入った麺は、ツルリとしたモチッとした食感の麺。

 麺がツルリとしているわりに麺にスープの絡みがいい。

 喜多方ラーメンらしさを味わうことのできた一杯でした。



1月11日(土)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「ラーメン来来亭」を調理して食べた。

 スープを飲んでちょっと経ってから一味の辛さを感じる醤油スープ。

 麺にスープの絡みはいい。

 最近は行っていないが、実店舗での注文は一味抜き、味薄めでお願いすることが多い。

 来来亭っぽさを感じるとこができた一杯でした。



2020年月1月前半



1月10日(金)

 今日の昼食は、神戸市にある、神戸家らーめん本舗が販売元の「神戸らーめん こってりしょうゆ味」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁したスープ。

 半生の麺は、乾麺っぽさがかなり残る出来具合に。

 麺の仕上がりが残念だった一杯でした。



1月9日(木)

 今日の昼食は、東洋水産㈱の「マルちゃんの中華そば 醤油とんこつ」を調理して食べた。

 コクを感じるオーソドックスな豚骨醤油のスープ。

 麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 全体的にオーソドックスだなって感じた一杯でした。



1月8日(金)

 今日の昼食は、テーブルマーク㈱が製造元の冷凍食品「さぬきうどん」を調理して食べた。

 鰹ダシの良く効いた飲みやすいスープ。

 モチッとした食感の麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 時間がないときに簡単調理で重宝な一杯でした。



1月7日(火)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「博多だるまラーメン)」を調理して食べた。

 白濁した豚骨スープは、飲んでちょっと経ってから旨みを感じるスープ。

 極細の麺からスープ旨みが良く伝わってくる。

 「博多ラーメン」だなって思える一杯でした。



1月6日(月)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「中華そば 陽気」を調理して食べた。

 豚骨を強めに感じる、とても旨みのあるスープ。

 極細の麺がスープを良く吸っているが、麺からスープの旨みがもうちょっと良く伝わればなって思えた。

 再現度は、わりと高いのかなって思えた一杯でした。



 間食に、伊勢崎市にある、まるか食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「ペヤング やきそば ネギ塩ガーリック風味」を食べた。

 適度に塩味のついた、あっさりとした味付け。

 「焼そば」と言えば、ソース味ってイメージだが、たまにはいいかなって思えるような一杯でした。



1月5日(日)

 今日の昼食は、日清食品チルド㈱が販売元の「日清 太麺焼そば 焼チャンポン風」を調理して食べた。

 あっさりながら旨みを感じる味付け。

 麺はもうちょっとこんがり焼ければ良かったかな。

 具材と一緒に食べるとより美味しく感じることができた。



1月4日(土)

 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清の どん兵衛 年明けうどん」を食べた。

 「寿」の字が載ったナルトが3切れと梅干が入っている。

 とても飲みやすいスープ。

 モチッとした食感の麺からもスープの旨みが伝わってくる。

 息の長い定番商品の「年明け」バージョンでした。



1月3日(金)

 今日の昼食は、「年明けうどん」に。

 紅白の「年明けうどん」が近所で手に入らず、普通のうどんで。

 麺は、岡山市中区にある、㈱吉備長食品が製造元の「福どん」(茹で麺)。

 岡山県産小麦「ふくほのか100%」使用なので、このネーミングなのだろう。

 「福」が付いているので、年明けの「年明けうどん」にちょうどいいのかなと思い、この麺を選択。

 併せたスープは、愛媛県伊予市にある、ヤマキ㈱が製造元の「鰹節屋のだし うどんつゆ」(ストレートタイプ)で。

 わりおオードソックスで、飲みやすいスープ。

 麺は、温かくしたにもかかわらず、コシを感じることのできるしっかりとした麺。

 茹でた煮玉子と買ってきたかき揚げを添えて。



1月2日(木)

 夕食は、「トマト&バジルスパゲティー」。

 乾麺のパスタに、カゴメ㈱が販売元の「トマト&バジルソース)」を併せる。

 わりとオーソドックスな味付けのパスタソース。

 ソースが麺より具材によく絡んでいるので、麺と具材を一緒に食べる。

 麺だけだとソースの味付けが薄くちょっと物足りない印象。



2019年月12月後半



12月31日(火)

 今日の昼食は、テーブルマーク㈱が製造元の冷凍食品「さぬきうどん」を調理して食べた。

 鰹ダシの効いた飲みやすいスープ。

 少しツルリとした麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 オーソドックスでさっぱり美味しい一杯でした。



 夕食は、「年越しそば蕎麦)」。

 岡山市中区にある、㈱吉備長食品が製造元の「年越そば」(茹で麺)に、
奈良県大和郡山市にある、豊国ヌードル㈱が製造元の「そばだし」(ストレートタイプ)を併せて。

 少し和風のツユに、蕎麦特有のゴワットした麺。

 蕎麦のこの特有の食感は、わりと好み。

 良いお年を。



12月29日(日)

 今日の昼食は、埼玉県坂戸市にある、㈱ぎょうざの満州が製造元の「しょうゆラーメン」を調理して食べた。

 冷凍にしてある麺と濃縮スープのセット。

 さっぱりながらコクを感じることのできる醤油スープ。

 もちっとした食感の麺からスープの旨みがよく伝わってくる。

 オーソドックスながら美味しい一杯でした。



12月28日(土)

 今日の昼食は、坂出市にある、㈱さぬき麺心が製造元の「鶏の旨みをいかした醤油ラーメン」を調理して食べた。

 昔ながらのって感じのさっぱりとしたスープ。

 さっぱりしたなかにも旨みを感じる。

 麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 オーソドックスで美味しい一杯でした。



12月27日(金)

 今日の昼食は、愛知県豊明市にある、寿がきや食品㈱が製造元の「みそ煮込うどん」を調理して食べた。

 味噌味スープであるが、もうちょっとコクを感じれればなって印象。

 麺はとてもしっかりとした麺で、温でもコシを感じることのできる麺。

 スープを薄めすぎたのかもしれないが、スープがもう一歩って感じた一杯でした。



 夕食は、岡山県早島町にある、「8番らーめん 早島店」で「野菜五目あんかけらーめん」(891円)を食べた。

 醤油ベースのスープに、8番らーめん特有の少しツルリとした伸びにくそうな縮れ麺。

 その上にレトルトの「五目あんかけ」が乗っている。

 具材は、キャベツを中心に、玉ねぎ、もやし、人参、キクラゲ、豚ばら肉。

 多分、レトルトだろうなってわかって注文したが、所詮レトルトだなって印象の一杯でした。

 ☆3.5



12月26日(木)

 今日の昼食は、福山市にある、㈱阿藻珍味が製造元の「尾道ラーメン」を調理して食べた。

 尾道ラーメン冬味比べ3食セットのうちのひとつで、最もオーソドックスなもの。

 尾道ラーメンらしく背脂が浮いた濃口醤油のコクを感じるスープ。

 麺も尾道ラーメンに良く使われるような加水率の低い麺で、スープの旨みを良く吸い取っている。

 「尾道ラーメン」を食べたなって実感できるような一杯でした。



12月25日(水)

 今日の昼食は、「かけ蕎麦」を作って食べた。

 岡山市南区にある、㈱ヒロセが製造元の「吉そば」(茹で麺)に、兵庫県太子町にある、㈱姫太郎が製造元の「本だし」(ストレートタイプ)を合わせる。

 和風の本格的っぽい味のスープ。

 自分好みのボソッとした食感の麺。

 さっぱり美味しい一杯でした。



12月24日(火)

 今日の昼食は、倉敷市加須山にある、人気「広島焼き」のお店「蝦蟇」で「鉄板焼そば(大判)」(860円)を買ってきて食べた。

 麺の上に目玉焼きが乗っている。

 ここのお店の麺はよく焼きあがっており、とてもコシを感じるしっかりとした麺。

 ソースは適度な濃さで、濃過ぎず、薄すぎず、でも旨みを感じるソースである。

 麺とこのソースがとても合っているなって思える。

 具材は、キャベツと豚肉が中心。

 どちらかと言えば「和風焼そば」の方が好みであるが、今日はこちらを。



12月23日(月)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「大黒ラーメン)」を調理して食べた。

 「焦がしニンニクがガツンと効いたマー油入り!」とある。

 マー油と言えば、黒色をしたものを想像するが、見た目は普通の豚骨スープ。

 スープを飲むと、ニンニクの味を強く感じる。

 麺からも同様にスープのニンニクの味が。

 それでも、わりとオーソドックスだなって感じた食べやすい一杯でした。



12月22日(日)

 今日の昼食は、下関市にある、㈱日高食品が製造元の「お多福の瓦そば」を調理して食べた。

 乾麺の茶そばとストレートタイプのツユがセットになっているもの。

 麺は、まずは茹でてから鉄板で焼く。

 ちょっと焼き具合が弱く、パリッとした部分が少ししかない状態に。

 焼かれてパリッとした部分と、上部のモチッとしたってあったが、素人では難しい。

 牛肉等の具材を載せて。

 タレの味付けがよく、それなりには美味しく食べることができた。



12月21日(土)

 今日の昼食は、福山市にある、㈱阿藻珍味が製造元の「尾道ラーメン ゴールド」を調理して食べた。

 尾道ラーメン冬味比べ3食セットのうちのひとつ。

 尾道ラーメンらしく背脂が浮いた濃口醤油のスープ。

 麺も加水率が低い麺で、尾道ラーメンによくありがちな麺。

 麺からスープの旨みがよく伝わり、麺とスープとの相性も良いなって思えた。

 「尾道ラーメン」を食べたなって実感できるような一杯でした。



2019年月12月中半



12月20日(金)

 今日の昼食は、京都市にある、㈲アオキが販売元の「京都ラーメン 新福菜館本店」を調理して食べた。

 製造元は、多分、㈱アイランド食品。

 真っ黒に近い色をしたスープ。

 パッケージに「色は濃くともあっさりこくうま」とあるが、ちょっと濃いすぎかなって思えた。

 麺にスープがとてもよく染みていて、麺からスープの旨みが良く伝わってきた。



12月19日(木)

 今日の昼食は、岡山市南区曽根にある、「セルフうどん さざなみ 曽根店」で「湯だめうどん(中)」(324円)を食べた。

 「湯だめフェア50円引き」の看板があったので、この「湯だめうどん」に。

 モチッと食感を感じるも、どこかパサツキ感というか、粉っぽさを感じる麺。

 つけダレは少し甘口で濃いめのタレ。

 全体的にもう一歩かなって印象の一杯でした。

 ☆3.0



12月18日(水)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「支那そばやラーメン)」を調理して食べた。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 少しモチッとした食感の麺。

 醤油ラーメンとしてはまずまず美味しいかなって思えたが、お店の味とは離れているかなって思えた一杯でした。



12月17日(火)

 今日の昼食は、日清食品チルド㈱が販売元の、「日清の太麺焼そば」を調理して食べた。

 商品名の通り、かなり太めの麺。

 家庭用のフライパンだったので火力が弱く、こんがり焼けなかったが、上手にすればとても食べ応えがある麺に仕上がったのかも。

 それとも、めんがほぐれやすくするために、鍋で茹でてからにしたのが良くなかったのか。

 「20種類のスパイス使用特製ソース」とあるが、具材を多く使い、ソースが薄まったせいもあるのか、薄味っぽく、それほど特徴を感じなかった。



12月16日(月)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「札幌ラーメン 白樺山荘」を調理して食べた。

 「合わせ味噌のコクと山椒の風味味噌」をある。

 唐辛子の香辛料が野菜によく絡み、いいアクセントに。

 野菜に唐辛子がついたおかげか、スープは辛さを感じずコクを感じるスープ。

 麺の上に具材をたくさん載せ、その具材から先に食べたので麺はちょっと伸び気味になってしまった。



12月14日(土)

 今日の昼食は、東洋水産㈱の、「マルちゃん焼そば」を調理して食べた。

 蒸し麺タイプの焼そばで、一番メジャーと言える商品。久し振りに。

 粉末タイプのソースであるが、粉末っぽさも感じることなく。

 オーソドックスだからこその定番商品だなって思えたソース焼そばでした。



 それから、13時ごろに、倉敷市羽島にある、「らーめん屋敷」で「肉2枚らーめん」(550円)を食べた。

 通常の屋敷ラーメンだと、お肉が5枚であるが、ちょっと前に食事をしていたので2枚(肉なしもあるが)に。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 気持ちしょっぱさも感じる。

 麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 具材は、チャーシューの他に、シナチクともやしが少々。

 店主の体調の事情により、来年の1月末でいったん閉店。

 それもあってか、13時の訪問時には待ち状態に。

 ☆4.0



12月13日(金)

 今日の昼食は、福山市にある、㈱阿藻珍味が製造元の「尾道ラーメン 牡蠣だし醤油」を調理して食べた。

 「尾道ラーメン」の3食(3種類のスープ)がセットになっており、その中の1つ。

 ほんのりと牡蠣ダシの味を感じる濃口醤油のスープ。

 尾道ラーメンらしく背脂が入っている。

 麺も尾道ラーメンによくありがちな加水率が低い麺。

 「尾道ラーメン」っぽさを感じることのできた一杯でした。



12月12日(木)

 今日の昼食は、岡山市南区西高崎にある、六三ラーメンで「中華そば」(680円)を食べた。

 香味油が少し多めに浮いたイリコダシの良く効いた黄金色をしたスープ。

 ちょっと塩分多めかなって思えた。

 麺とスープとの相性はまずまずといったところ。

 具材は、ハムのようなチャーシュー2枚、味玉半切れ、少し太いシナチク2本。

 ☆3.5



12月11日(水)

 今日の昼食は、倉敷市平田にある、「一風堂 倉敷店」。

 白丸元味ラーメン)(750円+税)と「博多ひとくち餃子と白ごはん」(110円)を食べた。

 ラーメンはプレミアムカードを使ったので500円で。

 少し香味油が浮いた白濁した豚骨スープは変わらぬクオリティの高さ。

 先にライスと餃子を食べたので、麺が若干伸び気味になってしまっていた。

 麺からスープの旨みが良く伝わってくる。

 具材は、2種類のチャーシュー、もやし少々とキクラゲ。

 ☆4.0



2019年月12月前半



12月10日(火)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「支那そばやラーメン)」を調理して食べた。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 もうちょっと繊細な味わいが感じれればなって思えた。

 麺を食べても、ちょっとお店の味とはかけ離れていかなって感じた。

 「完全監修」とはるが。

 普通の醤油ラーメンって印象の一杯でした。



12月8日(日)

 今日の昼食は「ナポリタンスパゲティ」を調理して食べた。

 麺は神奈川県厚木市にある、オーマイ㈱が製造元で、日本製粉㈱が販売元の1.7mmの乾麺。

 ケチャップは原産国がオランダで、ハインツ日本㈱が輸入元の「トマトケチャップ」を使用。

 ケチャップの量を多めで濃厚に仕上げるのが好みだが、今日はケチャップの量を控えめに。

 さっぱりとした味わいで、もうちょっと味に深みを感じれればなって印象。

 全体的にオーソドックスに仕上がった一杯でした。



12月7日(土)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「一幻えびみそラーメン)」を調理して食べた。

 フライパンで野菜を炒め、そこに熱湯とスープの素を入れてスープを作り、麺は別鍋で茹でて合わせる。

 スープに海老の味はそれほど強く感じない。

 どっちつかずといった印象の一杯でした。



12月6日(金)

 今日の昼食は、倉敷市白楽町にある「讃岐うどん むらや」で「かけうどん(大)」(400円)を食べた。

 ほんのり魚介系のダシと、醤油が良く効いたバランスいいなって思えるスープ。

 麺は温かいうどんであるが、コシというよりは少し固さを感じた。

 大盛りだと結構な量で、かけうどんだと最後の方はちょっと飽きが。

 ☆4.0



12月5日(木)

 今日の昼食は、香川県綾川町にある、㈱アイランド食品が製造元の「札幌 桑名ラーメン)」を調理して食べた。

 コクと旨みを感じる味噌スープ。

 味噌スープらしくピリ辛さを感じる。

 少しモチッとした食感の縮れ麺。

 麺もスープもそれ自体はいいと思えたが、相性はそれほどでもって印象の一杯でした。



12月4日(水)

 今日の昼食は、岡山市錦町にある、「麺屋たくみ 駅前店」で「たくみラーメン」(800円)を食べた。

 香味油が多めに浮いた、とても旨みを感じるスープ。

 少しモチッとした食感の麺。

 麺からもうちょっとスープの旨みが感じれればなって思えた。

 具材は、低温調理のハムのようなチャーシュー2枚、煮玉子半切れ、シナチク少々に白長ネギ。

 ☆4.0



12月3日(火)

 今日の昼食は、倉敷市広江にある、「8番らーめん 広江店」でBセット(野菜ラーメンとミニ炒飯、946円)を食べた。

 野菜のスープは「味噌」、「塩」、「醤油」、「とんこつ」から選べて、「醤油」で。

 濃口醤油のスープ。

 麺は少しツルリとした縮れ麺。

 具材は、8の字がプリントされた小ナルト1切れ、チャーシュー1枚、メンマに野菜。

 野菜はキャベツを中心に、もやし、人参、玉ねぎ。

 全体的に濃い味付け。これがちょっとクセになり、リピートを呼ぶのだろうか。

 8番ラーメンの炒飯はとても美味。

 ☆3.5



12月2日(月)

 今日の昼食は、埼玉県坂戸市にある、㈱ぎょうざの満州が製造元の「ぎょうざの満州 しょうゆラーメン」を調理して食べた。

 生麺を冷凍にしているもの。

 コクとちょっとしょっぱさを感じる醤油スープ。

 少しモチッとした食感の麺からスープの旨みがとても良く伝わってくる。

 麺とスープとの相性がとてもいいなって感じた美味しい一杯でした。



12月1日(日)

 今日の昼食はナポリタンスパゲティ

 乾麺は原産国がイタリアで日仏貿易㈱は輸入元の「アルチェネロ有機全粒粉スパゲティ」を使用。

 ソースは、カゴメ㈱が販売元の「トマト&バジル」ソースを併せる。

 味わいを感じる麺に、もうちょっと味に深みを感じれればなって印象のパスタソース。

 オーソドックスであっさりとした一杯でした。



2019年月11月後半



11月30日(土)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「けやき味噌ラーメン)」を調理して食べた。

 フライパンで野菜類を炒めた後に、熱湯と濃縮スープを投入。

 麺は別の鍋で茹で、丼に麺を移し、スープと具材を乗せる。

 コクを感じる飲みやすい味噌スープ。

 炒めた野菜と合わせたが雑味は感じない。

 唐辛子が具材に絡み、とてもいいアクセントに。

 麺とツユとの相性も良く、美味しく食べることのできた一杯でした。



11月29日(金)

 今日の昼食は、大阪府泉佐野市にある、㈱サンデリックフーズが製造元の冷凍食品「しょうゆラーメン」を調理して食べた。

 オーソドックスな濃口醤油のスープ。

 ローストアマニ粉末というものが練り込まれている麺は口当たりのいいしっかりとした麺。

 全体的にオーソドックスだなって感じた一杯でした。



11月28日(木)

 今日の昼食は、香川県にある、㈱久保田麺業が製造元の「東京塩ラーメン 麺屋 宗」を調理して食べた。

 旨みを感じる飲みやすいスープ。

 鶏ガラ、魚介とあるが、それらの味はほとんど感じない。

 麺からスープの塩味を強く感じる。

 食べてしばらくして、わりと塩分強めだったのだなって感じた一杯でした。



11月27日(水)

 今日の昼食は、神戸市にある、神戸家らーめん本舗が販売元の「神戸らーめん こってりしょうゆ味」を調理して食べた。

 濃厚でほんのり旨み、肉系のエキスを強くを感じるスープ。

 縮れの入った乾麺は乾麺っぽさが結構残る出来具合に。

 乾麺っぽさの残り具合が残念だなって印象の一杯でした。



11月26日(火)

 今日の昼食は、マルハニチロ㈱が製造元の冷凍食品「五目あんかけ焼そば」を調理して食べた。

 電子レンジだけでOKという触れ込みであるが、電子レンジで加熱した後にフライパンでほぐし&過熱を。

 わりとしっかりとした麺。

 旨みを感じるあんかけに白菜などの具材が。

 味的には満足であるが、量がちょっと少なすぎるかな。



11月25日(月)

 今日の昼食は、日本水産㈱が製造元の冷凍食品「ちゃんぽん」を調理して食べた。

 雑味は感じず、とても旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 少し太めの麺は、ちゃんぽんの麺らしくちょっとモチッとした食感の麺。

 具材は、キャベツを中心に12種類。

 ちょっとくたびれ感があるが、仕方がないかな。

 冷凍庫に置いておくと重宝する一杯でした。



11月24日(日)

 今日の昼食は、東洋水産㈱の「野菜をたっぷり入れておいしくちゃんぽん」を調理して食べた。

 フライパンに具材を入れ、炒めた後で、熱湯、粉末タイプのスープを。

 最後に、別の鍋で茹でていた麺を投入し、感性。

 粉末タイプのスープであるが、粉末っぽさを感じることもなくクセのない美味しいスープである。

 具材の雑味もほとんど感じなかった。

 麺は少し長く茹で過ぎたせいもあるのか気持ち伸び気味に。

 野菜もたくさん摂れ、美味しく食べることのできた一杯でした。



11月23日(土) 勤労感謝の日

 今日の昼食は、「佐伯ごまだしうどん」を調理して食べた。

 「ごまだし」は、大分県佐伯市にある、愛の里工房が製造元の「本匠の雪ん子ごまだし」を使用。

 麺は、和歌山県岩出市にある、藤本食品㈱が製造元の「煮込みうどん」で。

 わりとごまだしを多く入れたつもりであるが薄口に。

 それでも上品な味わいで、美味しく食べることができた。



11月22日(金)

 今日の昼食は、倉敷市藤戸町天城にある、「こがね製麺所 倉敷天城店」で「かけうどん(中、2玉)」(370円)を食べた。

 ほんのり甘みと、とても旨みを感じる飲みやすいスープ。

 温なのにコシを感じることのできるツルリとした麺。

 全体的にバランスが取れているなって印象の一杯でした。

 チェーン展開してるのも納得の一杯。

 ☆4.0



11月21日(木)

 今日の昼食は、岡山市南区妹尾にある、「ラーメン大統領 バイパス妹尾店」で「大統領ラーメン」(680円)を食べた。

 一杯500円クーポンを使ったので500円で。

 香味油が多めで、少し背脂の浮いた旨みを感じるスープ。

 ちょっとツルリとした細麺にスープが良く絡み。

 ただ、スープの旨みが麺からもうちょっと伝わればなって思えた。

 具材は、脂身多めのチャーシュー2枚とシナチク。

 ☆3.5



    ~麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)~

*