サイト管理者自身の、麺類の食べ歩き等を紹介するページです。   過去の日記  *

 岡山県の記事が中心となっております。

 この日記のメインは写真等の管理の都合上 http://blog.goo.ne.jp/acc1229 に移動させました。
 ブログには写真コメントを乗せています。



2018年月1月・後半



1月23日(火)

 今日の昼食は、倉敷市沖新町にある、「中華そば専門店 香風食堂」で「中華そば」(600円)を食べた。

 香味油が少々多めに入った濃口醤油のスープは、飲んでちょっとしてから、とても旨みを感じるスープ。

 冨士麺ず工房の極細麺がスープととてもよく絡んでいる。

 麺とスープとの相性がもうちょっと良ければとは思えたが。

 具材は、濃い味付けの柔らかなチャーシュー3枚とシナチク。

 スープのとても美味しい、人気で行列ができるのも納得の一杯でした。

 ☆4.0



 間食に、日清食品㈱が製造元のインスタントカップ麺「日清のどん兵衛 天ぷらそば」を食べた。

 和風の濃口醤油のスープ。

 天ぷらは後のせタイプ。サクサクした食感をってことだろうが、あまり好みではない。

 あとのせとあったので、一応、そうしたが、麺の下にすぐに埋める。

 しばらくたってもサクサク感は残っていた。

 麺は以前に比べるとしっかりとした麺になっているのかなって思えた。



1月22日(月)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「寒干し 札幌ラーメン しょうゆ味」を調理して食べた。

 商品名にあるように、麺は乾麺。

 濃口醤油のスープに、口当たりのいい麺。

 オーソドックスで美味しい一杯でした。



1月21日(日)

 今日の昼食は、栃木県佐野市の「谷津」さんが製造者の「佐野らーめん やつや」を調理して食べた。

 とてもコクを感じる香ばしさ漂う醤油スープ。

 モチッとした食感の縮れ麺がスープの旨みを良く吸い取っている。

 とても口当たりのいい味わいのある麺。

 麺、スープともにレベルが高いなって感じた一杯でした。



2018年月1月・中半



1月20日(土)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン 醤油味」を調理して食べた。

 濃口醤油のスープ。

 もうちょっと旨みが感じれればなって印象。

 縮れ麺がスープを良く吸い取っている。

 オーソドックスな濃口醤油のラーメンでした。



1月19日(金)

 今日の昼食は、高松市にある、穴吹エンタープライズ㈱が販売元の「さぬきうどん」をザルうどんで食べた。

 ツユはセットになっていたツユを使用。

 ツルリとした麺は、強くはないがコシを感じることのできる麺。

 「讃岐うどん」だなった感じ。

 ツユの旨みが麺から伝わり、美味しく食べることができた一杯でした。



1月18日(木)

 今日の昼食は、福島県白河市にある、㈱菊忠が製造元の「奥州 白河らーめん」を調理して食べた。

 セット販売のしお味スープで。

 モチモチとした食感の縮れ麺。

 さっぱりながら旨みを感じるスープ。

 麺がスープの旨みを良く吸い取っており、美味しく食べることができた一杯でした。



1月17日(水)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン 塩味」を調理して食べた。

 ほんのりと旨みを感じる澄んだ塩味スープ。

 黄色い縮れ麺にスープが良く絡んでいる。

 全体的にオーソドックスだなって感じた一杯でした。



1月16日(火)

 今日の昼食は、イオンモール岡山の4階にあるフードコートで。

 「ぶっかけうどん ふるいち イオンモール岡山店」で「肉ぶっかけうどん(温)」(570円)を食べた。

 普通の「ぶっかけうどん」に肉が入っているだけかと思いきや違った。

 天カス、刻み海苔がなく、ナルト2切れ、線切りにした昆布が入っている。

 自分好みの濃厚なタレであるが、天カスがないと寂しく感じる。

 ☆3.5



 夕食は、倉敷市阿知にある、「中華居酒屋 魚香亭」で「五目ラーメン」(880円+消費税)を食べた。

 とろみのあるスープはよくあるドロットしたようなとろみではなく、さらっとしたとろみ。

 とても洗練されているなって感じるスープ。

 シコシコした食感の極細の縮れ麺にスープが良く絡んでいる。

 具材は、豚肉、白菜、小エビ、キクラゲ、青菜、人参、小さな貝柱のようなもの。

 具材にもしっかりと旨みが染み込んでいる。

 完成度が高いなって感じた一杯でした。

 こじんまりとしたお店でメニューの数は中華料理店にしては多くない。

 ☆4.5



1月15日(月)

 今日の昼食は、福岡県筑前町にある、㈱七味フーズが販売元の「とんこつラーメン」を調理して食べた。

 乾麺と、とんこつスープがセットになったもの。

 ほんのり旨みを感じる白濁した豚骨スープ。

 麺からはそれほどスープの旨みを感じ取ることができなかった。

 オーソドックスな豚骨ラーメンでした。



1月14日(日)

 倉敷市玉島地区で、毎月第二日曜日の9時から12時まで開催されている「備中玉島みなと朝市」へ。

 グローバルフーズコーポレーションというところにの「角切りチャーシューの中華そば」(500円)を食べた。

 さっぱり濃口醤油のスープ。

 麺にはスープの味が良く染みている。

 具材は、濃い味付けの角切りチャーシューが20切れほどとシナチク、もやし、ナルト2切れ。

 ☆3.0



 それから、玉島味噌醤油(資)というところの「玉島かしわ焼そば」(500円)を食べた。

 ソースというよりは醤油に近い味付け。

 麺はしっかりと焼かれていて、焼そばだなって。

 親鶏の硬いかしわが3切れとキャベツが少々。

 麺は良いなって思えたが、値段のわりに具材がちょっと寂しい。

 ☆3.5



 昼食は、倉敷市玉島阿賀崎にある「あまからさん」で「A5ランク肉うどん」(700円)を食べた。

 味付けされた肉から染み出た甘さがスープから伝わり、スープ本来の味がわからなかった。

 少し細めの麺は、モチッとした食感の自家製麺。

 茹で加減がちょっと弱いかなって思えた。

 5切れほど入っている牛肉はとても硬い。

 ☆3.5



1月13日(土)

 今日の昼食は、岡山市伊福町にある、丸天西店で「中華そば」(600円)を食べた。

 甘みととても旨みを感じる優しい味わいの醤油スープ。

 ツルリとした麺からもうちょっとスープの旨みを感じれればなって思えた。

 具材は、適度に脂身の乗ったとても美味のチャーシュー5枚とシナチク。

 スープがとても美味しい一杯でした。

 ☆4.0



 15時ごろ、岡山市絵図町にある、「ぶっかけうどん ふるいち 岡山健幸プラザ店」で「ぶっかけうどん(温)」(470円)を食べた。

 茹でたうどんにタレを入れ、刻み海苔、天カス、青ねぎ、ウズラの卵、刻み生姜がのっており、かき混ぜて食べる。

 久しぶりの「ふるいち」のぶっかけうどん。

 麺が少し細くなったのかなって思えた。

 タレもちょっと薄くなったように思えた。

 ☆3.5



1月12日(金)

 今日の昼食は、栃木県佐野市の、谷津さんが製造者の「佐野らーめん やつや」を調理して食べた。

 打ち粉がたっぷり付いている自家製ではないかと思える縮れ麺。

 とてもコクを感じる旨みのある醤油スープ。

 若干クセを感じるも美味しいスープである。

 モチッとした食感の麺がスープの旨みを良く吸い取っている。

 満足の一杯でした。



1月11日(木)

 今日の昼食は、北海道今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン みそ味」を調理して食べた。

 強くはないがコクを感じる味噌スープ。

 味噌ラーメンらしく、ちょっと香辛料が効いている。

 麺は黄色い縮れ麺。

 全体的にオーソドックスって感じた食べやすい一杯でした。



2018年月1月・前半



1月10日(水)

 今日の昼食は、北海道瀬棚郡今金町にある、㈲小川食品が製造元の「ラーメン 担々麺味」を調理して食べた。

 旨みを感じた後から少しして香辛料を感じるスープ。

 縮れ麺がスープを良く吸い取っている。

 辛過ぎもせず、適度に香辛料が効いてたなって印象の一杯でした。



1月9日(火)

 今日の昼食は、福島県白河市にある、㈱菊忠が製造元の「奥州 白河らーめん」を調理して食べた。

 「大地のしょうゆスープ」とのセット。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 小麦の味わいをしっかりと感じる縮れ麺。

 麺とスープとの相性も良く、まずまず美味しい一杯でした。



1月8日(月) 成人の日

 今日の昼食は、青森県平川市にある、高砂食品㈱が製造元の「十和田バラ焼きうどん」を調理して食べた。

 具材に、牛バラ肉と玉ねぎをとあったが、牛肉がなかったので豚バラ肉で。

 焼肉のタレっぽい味付けのタレ。

 麺はわりとしっかりとした麺。

 添付ではないが、途中から、あおさ粉をふりかけるとより美味しく食べることができた。



1月7日(日)

 天満屋岡山店で開催されている「第46回全国うまいもの味くらべ」の会場へ。

 東京都文京区にある「MENSHO」の「岩手がもの塩中華そば」(800円)を食べた。

 とても旨みを感じる、ちょっと複雑な味わいの美味しいスープ。

 クセになりそうな味わいである。

 しっかりとした極細麺からもうちょっとスープの旨みが伝わればなって思えた。

 具材は、レアな火加減の鴨チャーシュー5切れ、長い穂先メンマ2本。

 それに、青菜、カットレモンが入っている。

 レベルの高いと感じたスープの旨みが麺からもっと感じれればなって思えた一杯でした。

 ☆4.0



 それから、岡山高島屋で開催されている、北関東3県「群馬・栃木・茨城」物産展の会場へ。

 岡山高島屋開店45周年記念ということでの初企画。

 佐野市にある「佐野やつや」の「佐野らーめん」(700円)を食べた。

 ほんのり魚介系のダシを感じるバランスがいいなって感じるあっさり醤油スープ。

 ツルリとした縮れ麺がスープを良く吸い取っている。

 麺とスープの相性がとてもいいように思えた。

 具材は、チャーシュー1枚、シナチク、小ナルト1切れ、小海苔1枚。

 麺とスープとの相性がとてもいいなって思えた一杯でした。

 ☆4.0



1月6日(土)

 今日の昼食は、「とまとラーメン」。

 福岡県筑前町にある、㈱七味フーズの乾麺と、福岡市にある松原食品㈱が製造元のトマトスープのセット。

 とても旨みを感じるトマトスープ。

 乾麺がスープの旨みを良く吸い取っており、美味しく食べることができた。

 中華麺と不思議と良く合うトマトスープのラーメンでした。



1月5日(金)

 今日の昼食は、北海道江別市にある、㈱菊水が製造元の「菊水寒干し 札幌ラーメン みそ味」を調理して食べた。

 生麺を寒干しして作った乾麺。

 コクを感じ、ちょっと香辛料が効いた味噌スープ。

 麺は乾麺っぽさが残るもスープを良く吸い取っている。

 寒い日なので「味噌ラーメン」を。



1月4日(木)

 今日の昼食は、福岡県大野城市にある、㈱彩食工房の「熊本ラーメン」を調理して食べた。

 ノンフライの乾麺、熊本ラーメンスープ、薬味がセットになったもの。

 クセのないオーソドックスで旨みを感じる白濁した豚骨スープ。

 麺がスープの旨みを良く吸い取っている。

 ピリ辛さが混ざっている薬味もとてもいいアクセントに。

 想像以上にイケルなって感じた一杯でした。



1月3日(水)

 今日の昼食は、山形県寒河江市にある、安孫子製麺が製造元の「そば屋の肉中華」を調理して食べた。

 「冷」でも「温」でもOKと言う商品であるが寒い時期なので「温」で。

 「温」の場合、茹でた後、冷して麺を締めてから再度温めなおすとあるが、前回はそれでなかなか温まらず、麺が延びてしまったので冷水で冷さず。

 とても旨みを感じる醤油スープ。

 乾麺がスープの旨みをとても良く吸い取っており、美味しく食べることができた。

 今年、初めての投稿であるが、今年の初麺は、昨夜の鍋の締めに食べた「うどん」でした。



2017年月12月・後半



2017年12月、今月の思い出の一杯。

 12月12日に、倉敷市藤戸町藤戸にある、「そば処 ふくいち」で食べた「もりそば」。



12月31日(日)

 今年最後の麺類は。「年越し蕎麦」。

 瀬戸内市にある、㈱姫太郎が製造元の茹で麺「山芋入り年越そば」と「本だし」(スープ)で。

 蕎麦特有のボソッとした食感の麺。

 今年も無事に1年過ごすことができました。

 皆様が良い年を迎えますように。



12月30日(土)

 今日の昼食は、倉敷市粒浦にあるうどん店「天乃」で持ち帰りを買ってきて簡単調理して食べた。

 うどん玉、スープ、きつね(2枚セット)が各90円で合計270円。

 麺を軽く茹で、別鍋でスープを温める。丼で合わせ、その上にきつねを乗せる。

 お店で食べる方が美味しいと思いつつも、美味しい一杯でした。



12月29日(金)

 今日の昼食は、福岡市にある、㈱マルタイが製造元の「鹿児島 焦がしねぎ入り黒豚とんこつラーメン」を調理して食べた。

 商品名の通り、焦がしネギの薬味が入っている豚骨スープ。

 粉末タイプのスープであるが、粉末っぽさは感じない。

 麺は乾麺。乾麺っぽさが残るもスープの旨みを良く吸い取っているように思えた。



12月28日(木)

 今日の昼食は、沖縄県浦添市にある、㈱ひまわり総合食品が製造元の「麺が自慢の 沖縄そば」を調理して食べた。

 添付のスープは粉末タイプのもの。

 ほんのりと旨みを感じる塩味スープ。

 少し太めの麺をすすると、スープの鰹ダシを強く感じることができる。

 一般的なラーメンとはちょっと異なる「沖縄そば(ラーメン)」でした。



12月26日(火)

 今日の昼食は、「とまとラーメン」。

 福岡県筑前町にある、㈱七味フーズの乾麺と、福岡市にある松原食品㈱が製造元のトマトスープのセット。

 とても旨みを感じるトマトスープ。

 乾麺は、少し乾麺っぽさが残った茹で具合となったがスープの旨みを良く吸い取っている。

 中華麺と不思議とよく合うトマトスープのラーメンでした。



12月25日(月)

 今日の昼食は、岡山市南区西市にある、「とらそば」で「ざる蕎麦(大盛)」(648円+108円)を食べた。

 会計は10円未満を切り捨てにして 756円 → 750円で。

 蕎麦柄まで挽いているのだろう、黒色を帯びた麺。

 しっかりとコシを感じる麺である。

 自家製の十割蕎麦とある。

 魚介系のダシが効いたつけダレに浸けて食べる。

 最初は美味いなって感じるも何口か噛んで行くとどうもなって印象。

 麺とツユとが良く合っていないのかな。

 ☆3.5



12月24日(日)

 今日の昼食は、岡山市奉還町にある、「味の民芸 岡山奉還町店」で「民芸ちゃんぽんうどん」(896円)と「セイロそば」(648円)を食べた。

 「セイロそば」は、冷えたコシを感じる麺。

 麺の上に刻み海苔が乗っている。

 濃い口の和風ダシ。

 最初のうちはなかなかいいなって感じで食べていたが、食べ進むにつれタレが薄まっていく感じに。

 ☆3.5


 「民芸ちゃんぽんうどん」は旨みを感じる飲みやすいスープ。

 麺はツルリとしているがスープの旨みをよく吸い取っている。

 両端が広がっている手延べの麺。

 具材は、豚肉、キクラゲ、さつま揚げ、イカ、白菜などで結構量も多め。

 麺、スープ、具材は一体感をなしているなって感じる一杯。

 自分にとって「味の民芸」と言えば「民芸ちゃんぽんうどん」です。

 ☆4.0



12月23日(土)

 今日の昼食は、倉敷市羽島にある、「とりの助 羽島店」で「あっさり和風醤油ラーメン」を食べた。

 ラーメンパスポート本を利用して唐揚げ3つとセットで500円で。

 魚介系のダシが良く効いた、とても旨みを感じる醤油スープ。

 麺はスープをそれなりには吸っているが、麺からスープの旨みがもうちょっと伝わればなって思えた。

 具材は、トロリとしたチャーシュー1枚、シナチク、青菜。

 ☆3.5



12月22日(金)

 今日の昼食は、福岡市にある、㈱マルタイが製造元の「長浜 博多とんこつラーメン」を調理して食べた。

 クセのないさっぱりとした豚骨スープ。

 ゴマが入っている。

 麺は乾麺であるが、乾麺らしさはほとんど感じなかった。

 さっぱりとしたオーソドックスな一杯でした。



12月21日(木)

 今日の昼食は、岡山市南区にある、㈱ヒロセが製造元の「岡山ラーメン」を調理して食べた。

 とても旨みを感じるクセのない醤油スープ。

 麺がスープの旨みを良く吸い取っており、美味しく食べることができた。

 スープのレベルが高いなって感じた一杯でした。



    ~麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)~

*