サイト管理者自身の、麺類の食べ歩き等を紹介するページです。   過去の日記  *

 岡山県の記事が中心となっております。

 この日記のメインは写真等の管理の都合上 http://blog.goo.ne.jp/acc1229 に移動させました。
 ブログには写真コメントを乗せています。



2024年月5月後半



5月25日(土)

 今日の昼食は、坂出市にある、㈲日の出製麺所が製造元の「本場讃岐 純正うどん」をざるうどんにして食べた。

 ツユは、兵庫県たつの市にある、日本丸天醤油㈱が製造元の「鰹と昆布のいいとこどり つゆ」(4倍濃縮タイプ)を使用。

 本場、讃岐の生麺と、旨みのあるツユの組み合わせだったが、それなりには思えたが、期待をちょっと外れた一杯でした。



5月24日(金)

 今日の昼食は、岡山県浅口市にある、かも川手延素麺㈱が製造元の「手延べ老麺 しょうゆ」を調理して食べた。

 コクを感じる濃口醤油のスープ。

 黄色い乾麺は素麺のような食感のツルリとした麺。

 麺とスープがもう一歩かなって印象の一杯でした。



5月23日(木)

 今日の昼食は、日清食品冷凍㈱が販売元の冷凍食品「日清まぜ麺亭 こく旨醤油の極太まぜ麺」を調理して食べた。

 調理と言っても電子レンジで加熱するだけ。

 製造元は高松市にある、高松日清食品㈱。

 モチッとした食感の極太のしっかりとした麺。

 濃厚なタレは辛みを感じる。

 「たまご1つでさらにおいしい!」と記載があったので1口食べた後に生卵を入れ、かき混ぜて食べる。

 全体的にまろやかになりちょうどいい感じに。

 「さらにおいしい」とあるが、もとが美味しいって感じなかったので「おいしくなる」が正解かな。

 具材は、味付豚肉ときざみあげ。



5月22日(水)

 今日の昼食は、佐賀県神埼市にある、伊之助製麵㈱が製造元の「九州の味 とんこつラーメン」を調理して食べた。

 販売元は倉敷市にある大黒天物産㈱で、同社のPBブランド「Dプライス」の商品。

 少し香辛料が効くも飲みやすい白濁した豚骨スープ。

 麺は乾麺であるが、それほど乾麺らしさも感じない。

 麺とスープとの相性も良く、思っていた以上に美味しかった一杯でした。



5月21日(火)

 今日の昼食は、フジフーズ㈱が製造元の冷凍食品「ガツンと焦がしにんにく 大盛ペペロンチーノ」を調理して食べた。

 調理と言っても電子レンジで加熱するだけのもの。

 セブン&アイグループのPB商品。

 「ガツン」と効いていたのは焦がしにんにくではなく、唐辛子。

 唐辛子で辛すぎの一杯でした。



2024年月5月中半



5月20日(月)

 今日の昼食は、㈱ニップンが販売元の冷凍食品「焼きあごの旨み 舞茸となすの香味醤油スパゲティー)」を調理して食べた。

 調理と言っても電子レンジで加熱するだけという簡単なもの。

 全体的に薄味で、物足りなさが残る一杯でした。



5月19日(日)

 今日の昼食は、高松市にある、「手打十段 うどんバカ一代」が販売元の「伝の助うどん」を掛けうどんにして食べた。

 麺の製造元は、丸亀市にあるサヌキ食品㈱で、つゆは、坂出市にある鎌田醤油㈱。

 原材料の一部に兵庫県加東市産のお米、山田錦の粉が使われている。

 濃口醤油のスープは、クセのない飲みやすいスープ。

 麺の原材料の一部に米粉が使われているためか、茹で麺にしてはしっかりとした麺。

 麺とスープとの相性も良く、うどんの茹で麺はあまり好みではないが美味しいなって感じた一杯でした。



 夕食は、倉敷市中庄にある、「来来亭 倉敷中庄店」で「ラーメン」(770円)を食べた。

 好みのリクエストはいつも通り、醤油薄め、ネギ多め。

 今回はチャーシューを脂身で。

 背脂の浮いた醤油スープ。

 極細の麺にスープがよく染み込んでいる。

 チャーシューの脂身選択は良くなかったかなって思えた。

 以前いた副店長がいなくなってからはごくごく平凡な味付けになったなって印象。

 お客さんは結構入っているけど。

 ☆3.5



5月18日(土)

 今日の昼食は、高松市にある、「さぬき麺業」の「うどん」をざるうどんにして食べた。

 ツユは、たつの市にある、日本丸天醤油㈱が製造元の「カツオと昆布のいいとこどり つゆ」(4倍濃縮タイプ)を使用。

 「讃岐うどん」らしくしっかりとコシを感じることのできる麺に仕上がった。

 旨みのあるツユと麺との相性も良く、本格的だなって思える一杯でした。



5月17日(金)

 今日の昼食は、愛知県豊川市にある、㈱光陽が製造元の冷凍食品「やまぐち監修 鶏コク醤油ラーメン」を調理して食べた。

 販売元はテーブルマーク㈱で、㈱光陽はグループ会社とある。

 とても旨みを感じる醤油スープ。

 麺からスープの旨みを感じることができる。

 具材は、チャーシュー1枚、鶏むしチャーシュー、つみれ、メンマ2本。

 完成度が高いなって感じた美味しい一杯でした。



5月16日(木)

 今日の昼食は、岡山市鹿田町にある、「蔵ら-めん なか」で「鯛塩そば」(650円、1日10食限定)を食べた。

 香味油が少し多めに浮いた鯛のダシが良く効いた塩分強めのスープ。

 しっかりとした麺からスープの鯛ダシの味を強く感じることができる。

 麺とスープとの相性はいいなって思えた。

 具材は、少し濃い味付けの鶏チャーシュー3切れ、貝3個、白長ネギ、青菜。

 ☆3.7



5月15日(水)

 今日の昼食は、坂出市にある、㈱さぬき麺心が製造元の「本格屋台風 〆の一杯 昔ながらの醤油味」を調理して食べた。

 あっさりとした醤油スープ。

 麺とスープとの相性も良く、あっさりながら美味しい一杯でした。



 15時頃、昨日に引き続き、倉敷市粒浦にある、「天乃うどん店」で「かけうどん」(310円)を食べた。

 ちょっと塩分多めに思えるも、とても旨みを感じるバランスがいいなって思えるスープ。

 天カスがとても効果的。

 温だがコシを感じるしっかりとした麺とスープともよく合っている。

 カマボコ2切れが。

 ☆4.5



5月14日(火)

 今日の昼食は。倉敷市児島下の町にある、「二代目麺や ゆうじろう」で「醤油らーめん」(820円)を食べた。

 香味油の少し浮いた優しい味わいで旨みを感じる白濁したスープ。

 地元の松家製麺の麺からスープの旨みを感じることができる。

 スープと麺とが良く合っているなって思えた。

 具材は、チャーシュー2枚、シナチク、煮玉子半切れ。

 ☆4.0



 それから、倉敷市粒浦にある人気うどん店「天乃うどん店」で「ざるうどん」(320円)を食べた。

 強くはないがコシを感じるしっかりとした麺。

 少し甘口のツユは、ざるうどんのツユに適しているなって思える旨みのあるツユ。

 麺とツユとがとても良く合っており、すりごまが効果的。

 ☆4.2



5月13日(月)

 今日の昼食は、倉敷市藤戸町藤戸にある、「そば処 ふくいち」で「もりそば(大盛)」(860円+320円)を食べた。

 ほんのり蕎麦の味わいを感じる本格的な麺。

 ツユは和風のツユで旨みを感じるツユ。

 麺、ツユともにいいなって思えたが相性がもう一歩かなって印象の一杯でした。

 ☆3.5



5月12日(日)

 今日の昼食は、岡山市南区にある、㈱ヒロセが製造元の「吉そば」をかけそばで食べた。

 ツユは、兵庫県小野市にある、藤本食品㈱が製造元で、イオン㈱が販売元のストレートスープ「御だし」を使用。

 ほんのり旨みを感じるあっさりとしたスープ。

 麺を2玉使ったためか麺が丼一杯になり、麺にスープの絡みがイマイチよくない。

 麺とスープとの組み合わせももう一歩かなって思えた一杯でした。



 夕食は、倉敷市中島にある、「長崎ちゃんめん 岡山倉敷店」で「野菜たっぷりちゃんめん」(869円)を食べた。

 今日のスープは煮込み過ぎず適度な濃度。とても旨みを感じる白濁したスープ。

 モチッとした食感の麺は、チャンポンの麺らしいなって思えた。

 麺からスープの旨みが良く伝わる。

 具材は、キャベツを中心にもやし、人参、きぬさや、コーン、キクラゲ、小海老、イカ、豚バラ肉など。

 麺にもスープの旨みがとても良く染み込んでいる。

 とても美味しい一杯でした。

 ☆4.2



5月11日(土)

 今日の昼食は、高松市にある、さぬき麺業で買ってきていた「うどん」をざるうどんにして食べた。

 ツユは、長崎市にある、チョーコー醤油㈱が販売元の「かつお つゆ」(2倍濃縮タイプ)を使用。

 「讃岐うどん」の麺らしく太くしっかりとした麺。

 旨みのあるツユであるが、麺との相性はもう一歩に思えたが。それなりに美味しい一杯でした。



2024年月5月前半



5月10日(金)

 今日の昼食は、福山市にある人気「尾道ラーメン」のお店、「尾道ラーメン 一丁」で「ラーメン」(780円)を食べた。

 背脂と香味油の浮いた濃口醤油のスープ。

 香味油が強く、スープを飲んでも醤油本来の味をあまり感じれない。

 井上製麺製の加水率の低い麺にスープがよく染み込んでいる。

 麺とスープとの相性はとてもいいなって思えた。

 具材は、チャーシュー2枚とシナチク。

 ☆4.0



 それから、同じく福山市にある、「サラザン」で「ざるそば」(1,100円)を食べた。

 とても味わいを感じるしっかりとした二八蕎麦。

 和風のツユと麺との相性もいい。

 ランチセットは無料で小さな鴨そぼろごはんと小鉢(ともに数量限定らしい)が付いている。

 ☆4.5



5月9日(木)

 高松市にある「植田うどん」で「ぶっかけうどん」(300円)を食べた。

 「ぶっかけうどん」の「のぼり」が立っていたのでぶっかけうどんに。

 少し甘めの濃いタレ。タレの量は少し多め。

 温かでも少しコシを感じることのできる麺。

 ただ、麺とタレとがこっと合っていないかなって思えた一杯でした。

 ☆3.5



 それから少し用事を済ませ11時ぐらいに同じく高松市にある「風月」へ。

 11:15開店のお店。先客3名。

 「かけうどん」(600円)を食べた。

 生姜の有無を尋ねられ、無しでお願いした。

 バランスがとてもいいなって思える旨みを感じるスープ。

 温でもしっかりとコシを感じることのできる麺。

 麺とスープとが合ってるなって思えた美味しい一杯でした。

 塩分はちょっと多めかな。

 ☆4.5



5月8日(水)

 今日の昼食は、福山市にある、㈱阿藻珍味が製造元の「あもちんの尾道ラーメン」を調理して食べた。

 細かな背脂が浮いたとてこコクを感じる濃口醤油のスープ。

 麺は尾道ラーメンによくありがちな加水率の低い麺。

 麺からスープの旨みを感じることができ、麺とスープとの相性も良く美味しい一杯でした。



5月7日(火)

 今日の昼食は、坂出市にある、㈱さぬき麺心が製造元の「本格屋台風ラーメン 〆の一杯 本格博多風とんこつ味」を調理して食べた。

 少し香辛料を感じる豚骨ダシの効いた白濁したスープ。

 麺からスープの旨みがもうちょっと伝わればなって思えた一杯でした。



5月6日(月)

 今日の昼食は、高松市にある、㈱富田屋が製造元の「もっちもちのうどん」をざるうどんにして食べた。

 ツルリとした麺は少しモチッとした食感で、コシを感じることのできる麺に仕上がった。

 ツユは、たつの市にある、日本丸天醤油㈱が製造元の「鰹と昆布のいいとこどりつゆ」(4倍濃縮タイプ)を使用。

 麺と旨いのあるツユとの相性も良く、美味しく食べることのできた一杯でした。



 夕食は、倉敷市下庄にある、「8番らーめん 下庄店」で「野菜らーめん醤油)」(759円)を食べた。

 とてもコクを感じる醤油スープ。

 ツルリとした縮れ麺とスープとの相性はまずまずといったところ。

 具材は、キャベツを中心にもやしと人参が少々と8の字が載ったナルト1切れ、チャーシュー1枚、シナチク。

 ☆3.5



5月5日(日) こどもの日

 今日の昼食は、福井県越前市にある、㈱武生製麺が製造元の「越前そば」をざる蕎麦にして食べた。

 ツユは、セットになっていた「越前そばつゆ」(2倍~3倍濃縮タイプ)を使用。

 柄まで挽き込んだ蕎麦の味わいを感じる少しボソッとした食感の麺。

 ツユは、ちょっと甘ったるさを感じるもまずまず。

 ツユは、大根おろしを入れる「おろしそば」を前提にしているから少し甘めにしてあるのだろうか。

 全体的な印象としては、わりと本格的だなって思えた一杯でした。



5月4日(土) みどりの日

 今日の昼食は、岡山県和気町にある、「中華そば てんしん 和気店」で「中華そば」(720円)を食べた。

 優しい味わいの旨みを感じる醤油スープ。

 麺にスープがよく染み込んでいる。

 具材は、脂身少なめのチャーシュー3枚とシナチク。

 ☆4.0



5月3日(金) 憲法記念日

 今日は、丸亀お城村祭り)へ。

 「ナニワB級グルメ なにわの焼きそば」(500円)を食べた。

 薄味ながら食べやすいなって思えた。


 その後、イベントを楽しみながら「焼きそば」(400円)と「津山ホルモンうどん」(500円)を。

 津山ホルモンうどんは、ホルモンがほんの小さな1切れのみで、味付けも全然違い、これで「山ホルモンうどん」って名乗らせて出店させても…



5月2日(木)

今日の昼食は、兵庫県丹波市にある、「本場博多とんこつらーめん いっぽし一歩星)」で「ラーメン」(820円)を食べた。

 とてもとろみのある豚骨ダシを強く感じるちょっとしょっぱさと旨みを感じるスープ。

 博多から直送という麺はスープとの相性はいいように思えた。

 麺の硬さを普通で注文したが、わりと柔らかめで出てきた。

 具材は、大きなチャーシュー1枚とキクラゲ。

 ☆3.5



 夕食は、姫路市のJR姫路駅近くにある、「姫路タンメン」で「姫路タンメン」(950円)を食べた。

 ショウガを入れるかどうか尋ねられたがなしで注文。

 少し雑味と旨みを感じる飲みやすいスープ。

 麺は少しボソッとした食感の中太麺。

 具材は、キャベツを中心にもやし、人参、コーン、ミンチ肉。

 ☆3.5



5月1日(水)

 今日の昼食は、岡山市奉還町にある、「あらめん鬼ぼし」で「鬼ぼしらあめん」(900円)を食べた。

 お店に近づくと煮干しの香りが漂ってくる。

 泥色をしたドロッとした煮干しが良く効いている濃厚なスープ。

 麺とスープとの絡み、相性はまずまずかなって思えた。

 具材は、2種類のチャーシュー。

 みじん切りの玉ねぎが入っている。

 ☆3.5



2024年月4月後半



4月30日(火)

 今日の昼食は、愛知県豊川市にある、㈱光陽が製造元の冷凍食品「長尾 中華そば 煮干しラーメン」を調理して食べた。

 販売元は、テーブルマーク㈱で、㈱光陽はグループ会社とのこと。

 電子レンジ調理の商品とあったが鍋で調理。

 煮干しがとても効いた旨みを感じる濃口醤油のスープ。

 モチッとした食感の麺からもスープの煮干し味を強く感じることができる。

 具材は、チャーシュー2枚とシナチク3本。



4月29日(月) 昭和の日

 今日の昼食は、福岡市にある㈱味蔵が販売元の「博多ごぼ天うどん」を調理して食べた。

 ごぼう天を先に入れてしまうとスープからごぼう天の味を強く感じてしまうので、ごぼう天を入れる前にスープを飲む。

 鰹ダシの効いた飲みやすい醤油スープ。

 半生の麺はツルリとした口当たりのいい麺。

 麺がツルリとしているわりに麺からスープの味わいを感じることができる。

 麺とごぼう天を一緒に食べると、合っているなって思えた。



4月28日(日)

 今日の昼食は、岡山県和気町にある、「中華そば てんしん 和気店」で「もやし中華そば」(800円)を食べた。

 優しい味わいのとても旨みを感じる醤油スープ。

 少し柔らかめに茹でられた麺からもうちょっとスープの旨みを感じれればなって思えた。

 具材は、脂身少なめのチャーシュー2枚、シナチクとトッピングのもやし。

 スープの美味しい一杯でした。

 ☆4.0



4月27日(土)

 今日の昼食は、玉野市にある、「鳴瀧園 ふくろう亭」で「ざるそば」(800円)を食べた。

 メニューは「ざるそば」と「ざるそば定食」2種類だけだった。

 麺はしっかりとした本格的な麺。

 ツユは2種類あり、一般的な醤油ベースのつけダレと、独創的なタレ。

 独創的なタレは何となく違和感が。

 一般的なタレは和風で「ざるそば」のタレとしてはいいのかなって印象だが、もうちょっと旨みを感じれればなって思えた。

 住宅街のそばであるが、自然滝が望める特別な空間。

 ☆4.0



4月26日(金)

 今日の昼食は、香川県三豊市にある、㈲盛が販売元の「讃岐ラーメン はまんど」を調理して食べた。

 麺の製造元は高松市にある、石丸製麺㈱で、スープは、広島市にある、丸二㈱。

 とてもあっさりとしたスープ。

 麺は口当たりのいいツルリとした乾麺。

 全体的にもう一歩かなって印象の一杯でした。



4月25日(木)

 今日の昼食は、坂出市にある、㈱さぬき麺心が製造元の「本格屋台風ラーメン 〆の一杯 昔ながらの醤油味」を調理して食べた。

 コクを感じる飲みやすい醤油スープ。

 商品名の通り、昔ながらって印象。

 麺とスープとが良く合っており、麺からスープの旨みを感じることができる。

 オーソドックスで美味しい一杯でした。



4月24日(水)

 今日の昼食は、静岡市にある、㈱ミホミが販売元の「藤枝 朝ラーメン」を調理して食べた。

 麺の製造元は浜松市にある住岡食品㈱で、スープは、焼津市にある、ヤマキン㈱。

 とてもコクを感じる濃口醤油のスープ。

 ツルリとした乾麺からもうちょっとスープの旨みを感じれればなって思えた。

 スープの美味しい一杯でした。



4月23日(火)

 今日の昼食は、岡山市中区平井にある、家系ラーメンのチェーン店「町田商店 岡山平井店」で「超濃厚魚介系豚骨つけ麺」(850円)を食べた。

 麺がつ冷たい「ひやもり」で。

 魚介系と豚骨ダシの効いたトロリとした濃いスープ。

 麺は家系ラーメンの麺としては少し細めだがコシを感じることのできる麺に仕上がっていた。

 麺に濃厚なスープの絡みはいい。

 具材は、大きなチャーシュー1枚、大海苔1枚。スープの中にシナチクと細切れチャーシューが。

 ☆4.5



4月22日(月)

 今日の昼食は、坂出市にある、日の出製麺所で、「あたたかいうどん)」(130円)と「冷たいうどん)」(130円)のうどんを食べた。

 「あたたかい」は魚介系のダシが効いた旨みを感じるスープ。

 モチッとした食感の麺は柔らかめの茹で加減だった。

 ☆3.5



 「冷たい」は少しコシを感じる麺。

 かけダレは濃い目のタレで、麺と良く合っているなって思えた。

 ☆4.0



 それから、同じく坂出市にある、「こむぎや」で「かけうどん」(320円)を食べた。

 とてもバランスが取れているなって思えた旨みを感じるスープ。

 温かでもコシを感じることのできる麺。

 麺からスープの旨みが伝わってくる。

 スープと麺の上に、天カス、青ネギ、かまぼこ1切れが乗っている。

 案外うどん店が少ない坂出市中心部でも良くにぎわっている理由が分かるなって思えた。

 スープの美味しい一杯でした。

 ☆4.5



4月21日(日)

 今日の昼食は、マルハニチロ㈱が販売元の冷凍食品「麺魚 鯛だしらーめん」を調理して食べた。

 製造元は㈱マルハニチロ九州。

 実店舗は東京の錦糸町にあり、2018年6月に訪れたことがある。

 とろみのある鯛ダシがこれでもかってほど効いたスープ。

 麺にとろみのあるスープがよく絡む。

 具材は、美味のチャーシュー1枚と小松菜。



 夕食は、倉敷市中島にある、「長崎ちゃんめん 岡山倉敷店」で「野菜たっぷりちゃんめん」(869円)を食べた。

 とても旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 麺はチャンポンの麺にしてはちょっと細めだが、ちゃんぽんの麺らしいモチッとした食感の伸びにくそうな麺。

 具材は、キャベツを中心に、もやし、人参、コーン、キクラゲ、イカ、小海老、豚バラ肉などてんこ盛り。

 ☆4.0



2024年月4月中半



4月20日(土)

 今日の昼食は、倉敷市粒浦にある、「天乃うどん店」で買ってきた「うどん」をざるうどんにして食べた。

 持ち帰りは、麺1玉、ツユ1人前ともに90円。

 ツユは「かけ」用と「つけ」用があり、「つけ」用で。

 麺は持ち帰った後、湯通しをし、水で締めて。

 ツユは魚介系のダシが良く効いた「つけ」用のツユとして適しているなって思えた。

 今回は、麺の仕上がり具合がもう一歩になってしまった。



4月19日(金)

 今日の昼食は、倉敷市老松町にある、「中華そば 丸福」で「中華そば」(500円)を食べた。

 生姜(?)の効いた優しい味わいの醤油スープ。

 自家製の麺とスープとの相性はまずまずといったところ。

 具材は、脂身のほとんどないチャーシュー5枚、シナチク。

 11時オープンのお店だが、11時1分ぐらいに到着した時にはカウンター席は満席でテーブル席へ。

 11時15分ごろの退店時には店内で10名ほど、店外で数名が待っているという人気店。

 メニューは基本1種類のみなので回転は速い。

 一杯、今時500円は安過ぎ。

 ☆3.5



4月18日(木)

 今日の昼食は、倉敷市藤戸町天城にある、「こがね製麺所 倉敷天城店」で「ざるうどん(中)」(500円→250円)を食べた。

 (中)は2玉。

 作り置きの時間が長かったためか、コシをあまり感じることのできない麺になっていた。

 つけツユは、和風で濃いめのツユ。

 ざるうどんのツユとしてはいいなって思えた。

 今日までの3日間、6品限定で半額(年に数回開催されている)セールだったので大勢の人が。

 12時20分ぐらいの到着で27人待ちだったが回転が早く、10分程度の待ち時間で。

 ☆3.5



4月17日(水)

 今日の昼食は、愛知県豊川市にある、㈱光陽が製造元でテーブルマーク㈱が販売元の冷凍食品「麺屋武蔵監修 うま旨白菜魚介醤油ラーメン」を調理して食べた。

 香辛料の辛みと魚介系のダシを感じるスープ。

 香辛料が効きすぎかなって思えた。

 麺はモチッとした食感の平べったい中太麺。

 麺からはスープの魚介系の味を感じる。

 具材は、蒸し鶏チャーシュー2枚、白菜、青ニラ、キクラゲ。



4月16日(火)

 今日の昼食は、岡山市天神町にある、「天神そば」で「天神そば」(920円)を食べた。

 10時半ぐらいの到着で5人待ち。

 10時半開店のはずだが店内にはお客さんが既に入っているようで、ちょっと経ってから食べ終えた人が出てくる。

 10時半よりだいぶ前に開いていたのかな。

 香味油が少し多めに浮いた鶏ガラダシの良く効いた素朴ながら味わいを感じる醤油スープ。

 麺とスープとが良く合っているなって思え。

 具材は、脂身少なめのチャーシュー4枚、もやし少々、ナルト2切れ。

 ☆4.0



 それから倉敷に移動して倉敷市幸町にある、「麺屋 天喰」で「醤油ラーメン」(600円)を食べた。

 鶏ガラダシの効いた甘みを感じる飲みやすい醤油スープ。

 万寿製麺所の麺からスープの旨みを感じることができる。

 具材は、かしわ5切れほど、シナチク、青長ネギ。

 笠岡ラーメンっぽさを少し感じる一杯。

 1か月前の3月15日にオープンをしたお店。

 最近オープンするお店はラーメンの値段が、800円、900円台が当たり前になってきたが600円とリーズナブル。

 スープの美味しい一杯でした。

 ☆4.0



4月15日(月)

 今日の昼食は、㈱ニッスイが製造元の冷凍食品、「ちゃんぽん」を調理して食べた。

 とても旨みを感じる白濁したちゃんぽんスープ。

 麺はちゃんぽんの麺らしく太めでモチッとした食感の麺。

 具材は、キャベツを中心に12種類で量も割と多め。

 冷蔵庫に保管していれば重宝する美味しい一杯でした。



4月14日(日)

 今日の昼食は、福山市にある、㈱阿藻珍味が製造元の「あもちんの尾道ラーメン」を調理して食べた。

 細かな背脂の浮いたスープは、とてもコクを感じる濃口醤油のスープ。

 尾道ラーメンの麺らしく加水率の低い麺にスープがよく染みている。

 麺とスープとの相性も良く、「尾道ラーメン」を食べたなって実感のわく美味しい一杯でした。



 夕食は、倉敷市広江にある、「8番らーめん 広江店」で「野菜ラーメン醤油野菜増し」(724円+198円を食べた。

 旨みを感じる飲みやすい醤油スープ。

 麺は伸びにくそうなツルリとした縮れ麺。

 麺がツルリとしているわりに麺からスープの味が伝わってくる。

 具材は、8の字が載ったナルト1切れ、美味のチャーシュー1枚、シナチク、野菜はキャベツを中心にもやし、玉ねぎ、人参。

 ☆3.5



4月13日(土)

 今日の昼食は、岡山県久米南町にある、「そば処 小川柳」で「ざるそば」(750円)を食べた。

 蕎麦の味わいを良く感じられるしっかりとした麺。

 和風のとても旨みを感じるツユ。

 麺からツユの旨みをとてもよく感じることができた。

 麺とツユとの相性も良く、とても美味しい一杯でした。

 ☆4.5



 14時過ぎに、岡山市にある、「たけべの森公園」に来ていたキッチンカー「麺屋台うまし」で「黒しょうゆラーメン」(700円)を食べた。

 ちょっとしょっぱさを感じる醤油スープ。

 麺とスープとの相性はまずまずって印象。

 具材は、濃い味付けのブロックチャーシュー3切れとシナチク2本。

 ☆3.0



4月12日(金)

 今日の昼食は、岡山市南区にある、㈱ヒロセが製造元の「笠岡ラーメン」を調理して食べた。

 あっさりとした醤油スープは、笠岡ラーメンの特徴である鶏ガラダシをほとんど感じれない。

 麺を食べても全体的にもう一歩かなって印象の一杯でした。



4月11日(木)

 今日の昼食は、岡山県井原市にある、「中華そば専門店 笠北」で「中華そば」(700円)を食べた。

 メニューは1種類のみで、並か大かの選択のみ。

 香味油が少し浮いた鶏ガラダシの効いた飲んで少し経ってから旨みが押し寄せてく飲みやすい醤油スープ。

 麺からもスープの旨みを感じる。

 具材は、かしわにしては柔らかめのかしわ10切ほどとシナチク、青長ネギ。

 セルフ会計のお店。

 ☆4.5



 それから少し用事をし済ませてから、笠岡市にある、「はや川ラーメン 一笑懸麺」で「醤油ラーメン」(650円)を食べた。

 香味油が少しと、細かな背脂の浮いたちょっと複雑な味わいの醤油スープ。

 麺にスープがよく染みてはいるが、麺からスープの旨みをもうちょっと感じれればって思えた。

 具材は、2種類のチャーシュー、シナチク、海苔1枚。

 ☆3.5



    ~麺類の取り寄せなら MenLife (麺ライフ)~

*